2/22(水)にオープンする一風堂 天神西通りスタンド(1階)店内イメージ

写真拡大

一風堂天神西通り店(福岡市中央区)が、2/22(水)にリニューアルオープンする。

【写真を見る】1階の一風堂スタンドのメニュー「低糖質 博多中華そば」(650円)

同店は、店舗の設備・内装の老朽化で一時閉店し、工事を進めていたが、今回、フロアごとに特徴を変えた2階建ての一風堂として進化。

1階の「一風堂スタンド」は、 海外のウェイティングバーと日本の角打ちから着想した立ち呑み業態で、東京の浜松町、西五反田に次いで3店目。博多住吉酒販監修の日本酒や福岡の地ビール「ブルーマスター」と、シンプルな豚骨ラーメン「零-zero-」、「低糖質 博多中華そば」をラインナップ。また、15時からは「オリーブとピクルスの味噌漬け」や「博多バンズ」、「オニオンリングタワー」など酒のつまみとなる料理も並ぶ。

2階は着席型の「一風堂」で、定番の「白丸元味」、「赤丸新味」の他に、一風堂初登場の「博多担々麺」や、鶏ガラ100%の醤油ラーメン「淡麗中華そば」など、ここでしか味わうことのできないラーメンも登場する。

1階と2階をはしごして楽しむこともできる新しい一風堂。その進化を味わいに行ってみよう!【福岡ウォーカー編集部/鶴田知子】