アニメ「ガヴリールドロップアウト」の第7話『ヴィーネの悪魔的な日々』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

写真拡大

AT-Xより順次放送中のアニメ「ガヴリールドロップアウト」の第7話『ヴィーネの悪魔的な日々』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第7話では、ヴィーネが規則正しい生活を送る一方、ガヴリールは自堕落生活。そんな二人の仕送りは徐々に減り、ヴィーネは悪魔らしい事をして仕送りを増やそうとするが…/(C)2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

本作は、エリート天使が一転、人間界で駄目天使となったガヴリール(CV.富田美憂)と仲間たちとの日常を描くスクールコメディー。天使学校を首席で卒業したガヴリールは、全ての人類を幸せにするという目標を持って人間界を訪れる。だが、ガヴリールは人間界の娯楽に魅了され、人間界で暮らす悪魔や天使を巻き込んで自堕落な生活を送る。

【第7話『ヴィーネの悪魔的な日々』】

目覚まし時計のアラームで爽やかに目覚めたヴィーネは、朝早くからゴミ出しやアパート前の掃除を行い、夜は早めに就寝する規則正しい生活をしていました。一方、ガヴリールは昼過ぎに起きてカップ麺を食べながら限定クエストに参加し、夜も遅くまでネトゲ三昧な自堕落生活。そんな二人がふと魔界・天界それぞれの通帳を見ると、今月も仕送りが減っている様子。ヴィーネはなんとか悪魔らしい事をして仕送りを増やそうとするのですが…。

なおTOKYO MXでは、第7話は2月20日(月)深夜0時より放送となっている。