『ダウントン・アビー』シーズン5

写真拡大

上流社会と使用人との間で巻き起こる愛憎劇を描き、世界中を虜にした世紀最高の傑作英国ドラマ『ダウントン・アビー』。今作のシーズン5のブルーレイ&DVDが4月21日(金)にリリースされることが決定した。

本国イギリスでは、シーズン2 以降継続して平均視聴者数1千万人超え。アメリカではシーズン史上高の最終話視聴者数を記録し、不動の人気を証明したシーズン5がついに発売! 

1924 年の冬。イギリス初の労働党出身の首相が誕生し、ロバートは古き良き時代を懐かしむ。再婚に対して進歩的な考え方を実践するメアリーは、ある大胆な行動に出ることに。バイオレットはイザベルとマートン卿の仲を取り持とうとするが、内心では複雑な思いを抱いていた。イーディスがドリュー夫妻に預けた娘マリゴールドに執着する一方、ローズには新たな出会いが。同じ頃、トーマスは過去をバラすとバクスターを脅すが、ジミーの件で大きなダメージを受けることに。デイジーはローズが屋敷に招待した女性教師サラに影響を受け、トムもまたサラによって本来の自分を見つめ直す。そんな中、亡くなった従者の事件で、ベイツとアンナが再び苦境に陥り屋敷に衝撃が走る。それぞれの思いが複雑に交錯しながら、"ダウントン・アビー"にも確実に新たな時代の波が押し寄せるのだった。

シーズン5にゲスト出演している俳優にも注目して欲しい。伯爵夫人コーラと親しくなる美術史家ブリッカー役でリチャード・E・グラント(『ジャッキー/ファーストレディ 後の使命』『ゴスフォード・パーク』)が出演。そして、長女メアリー(ミシェル・ドッカリー)の夫役で大注目されたダン・スティーヴンスが野獣役を演じる『美女と野獣』が、いよいよ4月21日(金)に日本公開。本ドラマの人気を牽引する先代伯爵未亡人バイオレット役マギー・スミスは、映画界でも絶え間ない活躍を続けており、出演作は日本でも続々公開中だ。

『ダウントン・アビー』シーズン5は4月21日(金)ブルーレイ&DVDリリース。(海外ドラマNAVI)