“エッチをリードする”とは良く言うものの、具体的にどうすればいいかよく分からない……。

そう感じている女性は、攻め下手な女性。

たまには彼を攻めて刺激的なエッチをしたり、攻められている新たな彼の一面を見たりしませんか?

そこで今回は、攻め下手を克服するエッチのコツをご紹介。

受け身ばかりのエッチとおさらばしましょう。

 

■抱きしめて「される側」から「する側」にチェンジ

攻め下手な女性は、抱きしめる行為一つさえ、常に“される側”が多いのでは?

抱きしめられると、安心したり、「好きにして」と思ったりすることがあると思いますが、それは男も同じ。

強く抱きしめられると安心を覚え、M心を刺激され、そのまま押し倒されてしまいたい気持ちに男もなるのです。

まずは、胸がある人もない人も彼の頭を抱え込み、あなたの胸へギュッと抱きしめてみましょう。

攻め下手克服の第一歩ですよ。

 

■Mスイッチオン!背面の攻め方

男のM心に火をつけるには、背面攻めが効果的。

大きく稲妻形に舐めたり、円を描くように舐めたり、肉の厚い個所を甘噛みすると、あなたの彼も思わず声が出てしまうかも。

舌だけではなく、手や爪で軽く背中をなぞるなど、余念なく愛撫しましょう。

背中だけでなく、おしりの方も思い切って攻めてみて下さいね。

また、背面から男のナニを愛撫するのも、普段と違う感覚を味わえ、彼のM心にスイッチが入ると思いますよ。

 

■「ここはどう?」攻守が変わる魔法の言葉

具体的な方法を知っても、実行するのはちょっと恥ずかしい……。

そんな方は、攻守が変わる軽い言葉攻めで彼のM心に火をつけてみましょう。

愛撫をしながら「ここはどう?」と言うだけでOK。

彼の反応を見ながら、続けて、「ここは?」、「こうすると気持ちいい?」など、ソフトに攻めてみましょう。

“精神的に攻められている”という感覚が、普段とは違う刺激的なエッチを、彼に与えることができますよ。

 

攻めるのに最も重要なことは、精神的に攻めているという自覚です。

やられる側が、“やらせている”という感覚ならば、攻守は真逆になります。そして、その逆も然りです。

善がる彼を、可愛くも愛しくも感じながら「もっとしてやろう!」と、楽しんで攻めてみて下さいね。

攻め下手が克服されれば、彼も他の誰でもない、あなただけに夢中になるかもしれませんよ。

【画像】

※ gpointstudio/shutterstock

【関連記事】

※ 愛してるぜ…!オトコが本命女子だけにする「ベッドでのラブアピール」

※ 最高のひとときを。2人で「完全燃焼」するエッチの秘訣

※ 騙されないで!「カラダ目当て」の男を見抜くポイント

※ 孤独とは違う。「孤高なオンナ」がいくつになってもモテる理由

※ だ、誰に仕込まれた?ベッドで彼女の「昔の男」を感じる瞬間

※ 彼女には言えないケド…男が浮気に走るキッカケ3つ