気づいたら体の関係に!?男友達と一緒に遊ぶと危険なデートスポット…

写真拡大



彼氏ではないけれど仲のいい男友達と遊ぶとき、あなたならどこへ行きますか?友達だからといって油断は禁物!気づいたら体の関係に発展しちゃうような、危険な場所も実は意外とあるんですよ。今回は、男友達と一緒に遊ぶのには危険な場所を、こっそりご紹介します。

■1.密室の代表、カラオケボックス

狭い密室にふたりきりになると、たとえ気のない異性でも急に意識してしまうことがあります。そんな状況を作り出す代表的な場所といえば、ほどよく暗くて狭いカラオケボックス。また、カラオケで歌うヒットソングのなかには、ラブソングや刺激的な歌詞の歌などもたくさんあります。そのような歌をどちらかが歌えば、相乗効果でさらに相手を意識してしまう可能性大。特に、相手が歌の上手い男性だったりすると、思わず「抱かれてもいいかも」なんて考えてしまいかねないので要注意です。

■2.暗闇効果バツグンの映画館

暗い環境って状況がわかりづらいですから、気分がなんとなく解放的になって積極的になってしまうでしょう。デート帰りの裏路地などがそうですよね。しかし、日中のデートだったとしてもこの効果が発揮されやすい場所のひとつに、映画館があります。映画館は、薄暗いなかにふたりで並んで長時間座るので、お互いの距離が急激に縮まりやすい場所です。さらに、映画のストーリーによっては、ドキドキが倍増し、それをお互いへの気持ちだと勘違いしてしまうこともあるので気をつけましょう。

■3.動く密室、ふたりでドライブ

男友達とのふたりきりのドライブも要注意。たとえ、目的地までの移動手段だとしても、車のなかは動く密室も同然です。どんなに気のない相手とはいえ、無意識のうちにお互いを意識してしまう可能性があります。また、目的地の決まっていない気ままなドライブなどの場合は特に注意。お互いを意識し合ってしまってから、「このあとどうする?」という話になれば、そのままホテルに直行というパターンにもなりかねません。

■4.意外と体が接近しやすい街ブラ

ふたりで街中をぶらぶら歩いたり、ショッピングしたりする「街ブラ」。明るいし人も多いから大丈夫だと思われがちですが、実は意外と危険です。異性ととなりあって並ぶと、対面でいるよりも緊張感がやわらいで、新密さを感じやすいですから、お互いの関係を急激に意識してしまうでしょう。さらに、長時間並んで歩いていると、自然と手や肩が触れたり、成り行きで手をひいたりといったボディタッチの回数もアップ。そのまま体の関係への第一歩につながらないとも限りません。

■密室と暗闇は危険度大

お互いに気のない異性の友達どうしでも、密室や暗闇は思わぬ効果で体の関係に発展してしまう危険があります。その気がない男友達と遊ぶ場合は、場所選びに気をつけましょうね。(azaz/ライター)

(ハウコレ編集部)