連日のように、アクセルとブレーキペダルの踏み間違いによる痛ましい事故のニュースが流れています。交通事故の多くはドライバーのミスが原因で、そのヒューマンエラーをサポートしてくれるのが先進の安全装備です。

過信は禁物ですが、もしアクセルとブレーキを踏み間違えたとしても先進安全装備である誤発進抑制機能が装備されていれば、防げる事故も多いはずです。ここでは、先進安全装備が装着された老若男女問わず運転しやすいクルマ5車種を紹介しましょう。

■日産デイズ

1

日産と三菱が出資した合弁会社のNMKVによる軽自動車の第1弾が2013年6月より販売開始された日産デイズです。デイズは衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能がセットになったエマージェンシーブレーキを全車に標準装備しています(一部レス車の設定あり)。

デイズのエマージェンシーブレーキは赤外線レーザーレーダー方式を採用し、前方車両との衝突の危険性を察知すると、ドライバーに警告を発して自動的に緊急ブレーキを作動させます。さらに、駐車操作などの停車する際など時速約10km以下の低速走行時に前方に壁などの障害物がある場合、アクセルペダルを踏んでも自動的にエンジン出力を制御し、障害物への衝突被害を軽減できます。

スタンダードなデイズと、大型のメッキグリルを採用したデイズハイウェイスターの2モデルを用意。デイズの車両価格は114万480円〜161万6760円です。

■スズキワゴンR

ボディサイズに制約のある軽自動車で車高を高めて、広い室内空間と優れた視界を実現させたのがハイトワゴンと呼ばれるモデルです。そのハイトワゴンブームの火付け役となったのがスズキワゴンRで、2017年2月にフルモデルチェンジを行いニューモデルが登場しました。

ワゴンRにはデュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれる先進安全装備が設定されています。フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2つのセンサーによって前方の歩行者や車を検知し、自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能など6つのサポートで万が一の危険を予防します。

このデュアルセンサーブレーキサポートはハイブリッドFZ、ハイブリッドFX、スティングレーLにオプション設定され、スティングレーハイブリッドTとスティングレーハイブリッドXには標準装備となります。ワゴンRの車両価格は107万8920円〜194万1840円です。

■ダイハツムーヴ

ワゴンRがパイオニアとなり、軽自動車の王道モデルとなった軽ハイトワゴン。ワゴンRのライバルとしていち早く登場したのがダイハツムーヴです。6代目となる現行ムーヴは2014年12月に登場しました。

ムーヴに搭載されているスマートアシストIIと呼ばれる先進安全装備は、レーザーレーダーに加えて単眼カメラそしてソナーセンサーを搭載することで、衝突回避ブレーキ機能の車速域が拡大。さらに、車線逸脱警報機能や対歩行者衝突警報機能。そして前後方向の誤発進抑制制御機能を可能としています。

プレーンなデザインのムーヴとカスタムと呼ばれるエアロパーツ装着した2グレードを用意。全グレードにスマートアシストII装着車を設定しています。ムーヴの車両価格は113万4000円〜174万9600円です。

■ホンダN-WGN

軽自動車の新しいベーシックを目指して2013年11月に登場したのが、ホンダN-WGNです。コンパクトカーのフィットと同じ燃料タンクをフロントシート下に設置するセンタータンクレイアウトを採用し、リアシートの足元が広くなっただけでなく、ラゲッジの床下収納やフラットになるリアシートなどユーティリティの高さが魅力です。

先進安全装備は全モデルにあんしんパッケージとしてオプション設定されています。時速約30km以下という低速域での衝突軽減ブレーキと前方への誤発進抑制機能をもつシティブレーキアクティブシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドエアバッグシステムがセットになっています。

N-WGNはスタンダードモデルと、押し出し感を強めたN-WGNカスタムの2種類を用意。車両価格は109万円〜170万4000円で、現在はあんしんパッケージが標準装備となるSSという特別仕様車が設定されています。

■ダイハツキャストアプティバ

2015年9月より販売開始したダイハツキャストはアプティバ、スタイル、スポーツという3つ異なるキャラクターを設定しています。中でもアプティバはSUVテイストを採り入れたハイトワゴンで、アクティブな雰囲気が漂うモデルです。

キャストアプティバには単眼カメラ+レーダーレーダー+ソナーセンサーという3つのセンサーを採用した先進安全装備のスマートアシストIIを搭載しています。スマートアシストIIは衝突軽減ブレーキ機能をはじめ、対車両・対歩行者衝突警報機能、車線逸脱機能、前方・後方の誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能という6つの機能でサポートしてくれます。

このスマートアシストIIによってキャストアプティバは予防安全性能評価最高ランク「先進安全車プラス(ASV+)を獲得しています。車両価格は122万400円〜171万1800円です。

このように、安全装備を装着した軽自動車は各メーカーから販売されています。しかし、あくまで運転するのは「人」です。装備を過信せずに安全運転を心がけてください。

(萩原文博)

踏み間違い防止も!うっかりミスをサポートしてくれる軽自動車5車種【2017年版】(http://clicccar.com/2017/02/20/445722/)