台湾証取、企業統治の教育セミナー開催へ  3月から5回

写真拡大

(台北 20日 中央社)台湾証券取引所は17日、企業統治(コープレートガバナンス)の評価システムに関する教育セミナーを3月から台北、高雄など台湾各地で5回開催すると発表した。セミナーでは株主総会の電子投票などについても説明を行うとしている。

同証取ではセミナーの開催で、株主総会の品質向上や企業統治の強化につながるとしているほか、台湾全体の企業統治水準を引き上げ、国際資本市場としてのイメージと競争力を高めることに寄与するとしている。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)