ゼロックススーパー杯の浦和レッズのスターティングメンバー

写真拡大

 21日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でウェスタン・シドニー・ワンダラーズとアウェーで対戦する浦和レッズのペトロヴィッチ監督とMF阿部勇樹が、前日会見に出席したことをクラブ公式ウェブサイトが伝えている。

 18日に行われたWシドニー対シドニーFCの一戦を映像で確認したというペトロヴィッチ監督は、「素晴らしい戦いを見せていた。チーム状況がいかに良いかを表していた試合だったと思います」と1-0の完封勝利を収めたWシドニーを称賛。「明日は我々にとって非常に難しいゲームになる」と相手に警戒を示しつつも、「しかし我々も、ただオーストラリアに来たわけではない。良い試合をし、勝利をつかみ取るために来た」と必勝を誓った。

 18日には富士ゼロックススーパー杯で鹿島と対戦し、オーストラリアへの移動も含めて中2日という過密日程でWシドニー戦を迎える。しかし、指揮官は「シーズンの中にも連戦はあり、長い移動も常にある」と語ると、「もし明日の試合で鹿島戦から選手を入れ替えるなら、それは疲労というよりは戦術的な意味合いでの理由になる」と続けている。

 会見に同席した阿部は「初戦の重みがあり、重要度はすごく高い」と初戦の重要性を強調し、「1戦目の結果次第で、この後のグループステージの結果が左右される。大事な一戦なので、すべてをぶつけて戦いたい」と意気込みを示した。

 Wシドニー対浦和の一戦は21日19時(日本時間17時)にキックオフ予定だ。


●ACL2017特設ページ