写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)はオン・オフロードモデル「CRF250L」、スーパーモタードスタイルの「CRF250M」の各部の熟成を図り、20日に発売した。

「CRF250L」「CRF250M」は、力強く扱いやすい特性の水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンを搭載し、しなやかな乗り心地を実現する楕円断面形状の鋼管フレームを採用する。楽しく扱えるトータルバランスに優れたモデルとして好評を博している。

今回、より扱いやすいエンジン特性とするために、スロットルボディーの口径を大径化し、コネクティングチューブを100mm延長。エキゾーストパイプの管径も拡大させることで、高回転域の出力向上と低速トルクの両立を実現した。マフラー内部は3室構造から2室構造に変更し、歯切れの良いパルス感を演出するとともに小型軽量化を図っている。

スピードメーターにおいては、タコメーターをはじめ、時計や燃料計、各警告灯などを表示するフルデジタルメーターを採用した。リアフェンダーをシャープなデザインにするとともに、テールランプを新設計することで軽快感を演出している。

「CRF250L」は前後サスペンションを変更することでシート高を45mm下げ、足つき性を向上させたローダウン仕様「Type LD」も設定した。価格は「CRF250L」49万7,880円、「CRF250L Type LD」49万7,880円、「CRF250M」53万8,920円(価格はすべて税込)。

(山津正明)