写真提供:マイナビニュース

写真拡大

一眼レフカメラ用の交換レンズで知られるタムロンが、2月20日にコーポレートロゴの変更を発表した。同日から順次、使用を開始していく。

タムロンは2015年9月に、交換レンズ「SPシリーズ」の刷新に合わせて、ワールドワイドで製品ブランドのリニューアルをスタート。ブランドを体現するというロゴタイプを新たに開発して、新機種となる製品群に採用してきた。今回、そのロゴタイプが、タムロン自体のコーポレートロゴとなる。

新ロゴは従来デザインを踏襲しつつ、グローバルな視点でデザイン。すべて大文字で統一し、読みやすく、よりはっきりと企業名を認識できる。シンプルで力強いデザインは、タムロンの高い技術力と信頼性、存在感を表現しているという。