トリニティが新型スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」の発表会を開催!OSがAndroidに変わり、おサイフケータイなどを搭載しながら初代のこだわりデザインを貫く一級品に【レポート】

カスタマイズ可能な背面カバーが特長のSIMフリーAndroidスマホ「NuAns NEO [Reloaded]」が登場!

既報通り、デザイン性に優れたスマートフォン(スマホ)本体や周辺機器などを手がけているトリニティは20日、都内にて「NuAns NEO 新製品発表会」を開催し、新しいSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded](ニュアンス ネオ リローデッド)」を正式に発表しました。

発売時期は2017年5月を予定し、価格はオープンながら希望小売価格が49,800円(税込)。発売に先駆けて本日2017年2月20日(月)18時より事前予約受付を開始し、販売拠点はarenotやAmazon.co.jp、スマラボ、東急ハンズ、ビックカメラ、二子玉川 芦屋家電、ヤマダ電機、ロフト、Y!mobileとなっています。

また昨年発売された初代「NuAns NEO」についても価格を29,800円に改定して販売を継続するとのこと。NuAns NEOは同社が展開するブランド「NuAns」における初のスマホで、同社代表取締役社長の星川 哲視氏が映画「マトリックス」好きなことから登場人物のNEOを採用。

新製品名にもマトリックスの続編で第2作「マトリックス リローデッド」のタイトルに由来するとのこと。今回はそんなさまざまなこだわりのある製品作りについて星川氏が語ったプレゼンテーションについて製品内容も含めてをレポートしたいと思います。

DSC01131
NuAns NEO [Reloaded]も初代と同様にカスタマイズ可能な背面カバーが特長


DSC01057
NuAns NEO [Reloaded]のOSはAndroid 7.x Nougatを採用

NuAns NEO [Reloaded]は、OSにWindows 10 Mobileを搭載していた前機種のNuAns NEOとは打って変わって「Android 7.x(開発コード名:Nougat)」を採用しているのが大きな違いです。OSを変更した理由として前機種のNuAns NEOを購入したいと思って人のうち95%がAndroidを望んでいたとのこと。

また背面カバーは前機種同様に取替可能となっており、サイズがほぼ同じになっているため互換性があり、前機種で使用していたカバーの流用ができます。また、新たにIP54相当の防滴・防塵機能やおサイフケータイ(FeliCa)などの新たな機能が盛り込まれています。

DSC00945
プレゼンを行った"ほっしー"ことトリニティ代表取締役の星川氏

トリニティは2006年5月11日に創業し、今年で11年目となり、埼玉県新座市に所在しています。社員数は15名と、人数が少ない零細企業のような会社だと星川氏は言います。

DSC00946
NuAnsはトリニティの代表ブランド「simplism」とクリエイティブユニット「TENT」によるコラボ

そもそもNuAnsブランドは同社の独自ブランドである「simplism」とクリエイティブユニット「TENT」によるコラボレーションブランドです。前機種のNuAns NEOは、2016年1月31日に初回出荷を開始しており、今回のNuAns NEO [Reloaded]の発表会はおおよそ1年の期間をおいての新製品となります。

DSC00969
NuAnsのエチモロジー

NuAnsブランドのコンセプトは、”ガジェット”とインテリアを融合した「ポータブルデバイスが中心となった世界」とされており、ブランド名称は「Nuance(ニュアンス)」と「New Answers(ニューアンサー)」のフレーズに由来しています。

DSC00983
現在の生活の中にはいつもスマホ

トリニティは、現代社会のライフスタイルの中心にはスマホがあることに着目しており、「NuAnsの世界観で生活の中心となるデバイスを」をコンセプトにNuAnsシリーズの開発が行われています。

DSC00985

多くのスマホはガラスやプラスチック、金属などを多用し、デザインもiPhoneなどの人気機種の後追いが多く、ユニークさがない似たようなデザインであることに触れ、まったく異なる価値観を展開するとしています。

DSC01123

そういった中から前機種のNuAns NEOでは、本体を”CORE”と称し、上下2つのカバーとセットで使用する独特なスタイルを採用しているのが大きな特長となっていました。

また2つのカバーの代わりにフリップタイプ(手帳形)ケースの装着も可能でしたが、今回のNuAns NEO [Reloaded]でもほぼ同じデザインを採用しているため、先述通り、前機種で使用していたカバーをそのまま流用することが可能となっています。

DSC01063

一方で、中身はOSを新たにAndroidに変更しました。Androidのメリットでもあり、デメリットでもある点として基本的にメーカーがシステム全体をカスタマイズすることが多いため、ソフトウェアのアップデート対応が製品によって大きく異なってしまうことが挙げられます。

そこで、NuAns NEO [Reloaded]ではほとんどAndroidのソフトウェアに手を加えないことで、定例のセキュリティアップデートを中心とした更新を提供していくことを明らかにしました。そのため、最新OSを使える見込みのほか、セキュリティー面でも安心して長く使うことが可能になりそうです。

DSC01066

NuAns NEO [Reloaded]のスペック面では、CPUに64bit対応のQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 625(MSM8953)」や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内部ストレージを搭載しており、前機種同様に充電・外部端子はUSB Type-Cを採用し、高速通信も可能なUSB 3.0に対応しているほか、Qualcommの急速充電技術である「Quick Chage 3.0」にも対応しています。

DSC01072

DSC01073

本体のサイズや外観はほとんど変わっていませんが、搭載される液晶ディスプレイはシャープ製を採用。画面サイズは前機種の5インチから5.2インチに拡大し、解像度もフルHD(1080×1920ドット)に向上しています。

また左右にはラウンドエッジ加工が施されており、本体強度を高めるために旭硝子製の強化ガラス「Dragontrail Pro」を採用しています。前面下部には指紋認証センサーを搭載しており、手軽なセキュリティー機能を有することになります。

DSC01075
au VoLTEにも対応

日本の通信事業者が展開する4G(LTE)における対応周波数はBand 1および3、8、18、19、26、28に対応しており、NTTドコモやau、ソフトバンクの3社のほぼすべてを網羅しているため、各社の仮想移動体通信事業者(MVNO)を含めて快適に利用できそうです。特にauではLTE回線を用いた高品質通話「VoLTE」にも対応しており、ユーザーにとっては大きなアプローチとなるでしょう。

DSC01080

DSC01082

NuAns NEO [Reloaded]では、ソニー製カメラモジュールをリアおよびフロントのカメラともに採用しており、それぞれ約1300万画素と約800万画素となっています。またリアカメラでは像面位相差オートフォーカス(PDAF)を採用することで高速なAFが可能となっており、フロントカメラは広角24mmとなっているため、iPhoneと比較しても広い画角の写真を撮影することが可能です。

DSC01083

NuAns NEO [Reloaded]は、カバーを自由に取り替えられるという特長がありながらもIP54相当の防滴・防塵に対応しており、普段使いで突然雨が降ってきたりしても多少濡れる程度であれば問題なく使い続けることが可能です。ただし、背面カバーは素材によって耐水性が異なるという。

DSC01089
ついにおサイフケータイに対応

さらに、NTTドコモなどの移動体通信事業者(MNO)にスマホなどの通信製品を卸していないメーカーとしては初めておサイフケータイ(FeliCa)機能に対応しました。対応するサービスにおいて電子決済が可能となる予定で具体的なサービスは追って公表するとのこと。ただ同氏は「鉄道を利用するサービスも含まれる」予定とし、モバイルSuicaへの対応も示唆していました。

DSC01095
発表会にはフェリカネットワークスの相澤 浩氏も登壇

発表会ではゲストとしてフェリカネットワークス プラットフォーム推進部の相澤 浩氏が登壇。同氏によると、2016年までに流通したFeliCa対応端末は約5000万台で、2020年までに8000万台の出荷を目標にしているようです。また、モバイルFeliCaの利用者数は2016年には1000万人でしたが、2020年までに倍の2000万人への市場拡大を狙っています。

DSC01108
前機種のNuAns NEOは価格改定で求めやすい価格帯に

Windows 10 mobileを搭載した前機種のNuAns NEOについても今後も継続して販売されることも発表され、価格も29,800円に改定されました。税込で3万円を切る価格設定はかなり思い切った値下げで、Windows 10 Mobileを使いたい、あるいは好きな人にとっては朗報なのではないでしょうか。

DSC01111

DSC01110

販売チャネルは執筆時点で確定しているものでAmazon.co.jpを始めとしたECサイトや東急ハンズなどの量販店で販売され、Y!mobileでもSIMフリー端末として取り扱われる予定です。予約は本日2月20日18時より同社のオンラインストアで開始される予定で、受付順より順次出荷が開始されます。またアンケートに回答すると予約特典として「TWOTONE(背面カバー)」の上下1つずつあるいは「FLIP(フリップカバー)」が無料で同梱された状態で出荷されます。

DSC01034

発売が2017年5月とまだ遠いですが、FeliCaを搭載していてかつデザインに優れたスマホが少ない中で、NuAns NEO [Reloaded]は良い選択肢になるのではないかというのが筆者の率直な感想です。予約はすでに始まっているため、早く手に入れたいという人は早めに予約された方が良いかもしれませんね。

今回はプレゼンテーションを中心に発表会の様子をご紹介しました。次回はNuAns NEO [Reloaded]の外観や質感についてご紹介します。次回は近日公開予定です。お楽しみに。



記事執筆:雪華


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
NuAnsのAndroid搭載スマートフォン「NuAns NEO [Reloaded]」発表 | トリニティ株式会社
トリニティ株式会社 | Trinity, Inc. 【Digital Life Products】