映画『8年越しの花嫁』佐藤健と土屋太鳳が、あるカップルに起きた奇跡の実話を熱演

写真拡大

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が、2017年12月16日(土)に全国で公開。

『8年越しの花嫁』のベースになったのは、岡山県に住む実在のカップルに起きたある奇跡の物語。結婚式の直前に突然の病で倒れた花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎。まるでドラマのような2人の話は、動画配信サイトに投稿された動画をきっかけに広がり、その深い愛は世界中の人々の心を震わせた。本作は、そんな美しく強い愛の物語を映画化した待望の作品だ。

新郎の尚志役を務めるのは、『バクマン。』『世界から猫が消えたなら』などにも出演する佐藤健だ。彼の力強くまっすぐな瞳は、愛しい人を来る日も来る日も祈りながら待ち続ける尚志の強い意志と愛情に共鳴するものを感じる。そして『青空エール』や『トリガール!』でも知られる土屋太鳳が麻衣役を演じる。

2人を優しく時に厳しく見守る麻衣の両親、母・中原初美役に薬師丸ひろ子、父・中原浩二役に杉本哲太。尚志が働く会社の社長・柴田役に北村一輝、先輩・室田浩輔役に浜野謙太。そして、尚志と麻衣を担当する結婚式のウェディングプランナー・島尾真美子役を中村ゆり、麻衣の主治医・和田医師役を堀部圭亮、尚志が仕事先で出会う工場の社長役を古舘寛治が出演。豪華キャスト陣の演技に期待が高まる。

監督は『アントキノイノチ』や、『64(ロクヨン)』の瀬々敬久。ベルリン国際映画祭での受賞歴を持つなど、国際的にも評価が高い実力を持つ彼が、2人の繊細で複雑な感情をいかに表現するかに注目したい。

解禁されたポスタービジュアルは、尚志が麻衣の回復を願い「いつか麻衣にウエディングドレスを」と奇跡を信じて待ち続ける希望をコンセプトに、本編とは別に撮り下ろした写真を使用したものだ。8年という歳月を経た2人の奇跡を描く本作、劇場に足を運んでみてはいかがだろうか。

■ストーリー
結婚を約束した一組のカップル、尚志と麻衣。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、突然の病気が麻衣を襲う。一時は心肺停止、その後も⻑い昏睡状態に。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう他にいい人を見つけたら」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。その祈りが届いたのか、その後、麻衣は徐々に意識を取り戻すが、そこへ更なる試練が降りかかる。麻衣は、記憶障害により尚志の記憶を失っていたのだった。大きなショックを受けながらも、来る日も来る日も麻衣のもとへ通い続ける尚志。そして、8年の年月が経った頃、ついに2人に奇跡が訪れる――。

【詳細】
『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
公開日:2017年12月16日(土)全国ロードショー
脚本:岡田惠和
キャスト:佐藤健、土屋太鳳、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治、杉本哲太、薬師丸ひろ子
監督:瀬々敬久
原作:「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)
(c) 2017「8年越しの花嫁」製作委員会


[写真付きで読む]映画『8年越しの花嫁』佐藤健と土屋太鳳が、あるカップルに起きた奇跡の実話を熱演

外部サイト

  • 映画『blank13』俳優・斎藤工が長編監督デビュー - 高橋一生、リリー・フランキーら出演
  • 映画『ユリゴコロ』主演・吉高由里子×松坂桃李×松山ケンイチ、沼田まほかるのベストセラー小説を実写化
  • 映画『エルネスト』オダギリジョー主演、チェ・ゲバラと共に戦った日系人の知られざる生涯