有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は「宇都宮徹壱ウェブマガジン」からJリーグマスコット総選挙に関する記事になります。


【無料記事】愛すべきマスコットたちを激写! 今日の現場から(2017年2月18日@日産)(宇都宮徹壱ウェブマガジン)
2017年02月19日更新

1

 久しぶりの当コーナー。今回はFIJI XEROX SUPER CUP 2017(ゼロックス)が開催された日産スタジアムからお届けする。肝心の試合についてはスポナビのコラムをご覧いただくとして、ここでは第5回Jリーグマスコット総選挙の結果発表を受けて、当日のマスコットたちの素顔をご紹介することにしたい(なおカッコ内は今年の順位)。



 開幕前から火花を散らす、ゼルビー(17位)とヴェルディくん(41位)。鳥系マスコット同士のポージングが、なかなか決まっている。今年の東京クラシックも大いに盛り上げてほしいところ。



「俺も撮ってくれよ!」と近寄ってきたのは伊予柑太(44位)。近くで見ると、怖さが倍増。クラブ側はなぜ、下位に沈むことがわかっている彼をエントリーさせたのだろうか。



 ドーレくん(4位)とGAMBA BOY(14位)の珍しい組み合わせ。GAMBA BOYはキックボードを器用に乗り回していた。ドーレくんは3位入賞を逃したが、5年連続5位以内はさすがである。



 元気よくポーズをとるヴァンくん(7位)。某情報筋によれば一匹で先に現場に入り、甲府から駆けつけた飼い主(マスコット担当スタッフ)を待ち続けたという。なんというお利口さん!



「NEXT GENERATION MATCH」のハーフタイムで、J1・J2のマスコットが大集合(群馬の湯友は不参加)。この壮観な光景を見るたびに「今シーズンも頑張ろう」という気分になる。



 初エントリーながら3位に輝いた山口のレノ丸。この日は慣れないことが続いて「内臓」の調子が悪かったらしい。心配したレディア(46位)がいたわっていた。



 ぶっちぎりの最下位(49位)で「セーフティネット」の役割を果たしたJリーグキング。この結果を受けて、どんなパフォーマンスを見せてくれるか期待していたのだが、ぼさっと突っ立っているだけであった。



 大宮のアルディ(18位)と金沢のゲンゾー(29位)。アルディは私の姿を見て、思い切りハグしてくれた。ゲンゾーは手袋型の人形で必死のアピール。



 ゼロックスのハーフタイム。Jリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんが、広島のサンチェが1位に返り咲いたことを発表して会場が沸く。2位のベガッ太は、頼まれもしないのに不埒な今季の目標を掲げていた。



 かくして、第5回Jリーグマスコット総選挙は無事に終了(最終結果こちら)。それぞれホームタウンに戻ったら、今季も大いに会場を盛り上げてほしい。そして来年、またこの場で会おう!



 最後に、なぜかレディアが立ち止まり、私のことをじっと凝視していた。一瞬、撮影してほしいのかと思ったが、ポージングは一切なし。まるでガンを飛ばしているかのようだ。果たして彼は、何を訴えたかったのだろうか。

<この稿、了>

「宇都宮徹壱ウェブマガジン」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。

きっかけは「フリューゲルスへの負い目」 フットボールチャンネルでの新連載開始に寄せて
http://www.targma.jp/tetsumaga/2017/02/17/post4830/

『サポルト! 木更津女子サポ応援記』に託したもの 高田桂(漫画家・イラストレーター)インタビュー<2/2>
http://www.targma.jp/tetsumaga/2017/02/16/post4814/