チ・チャンウク主演映画「操作された都市」公開12日目で観客200万人突破!…お茶目な記念ショット公開

写真拡大 (全2枚)

「操作された都市」が観客数200万人を突破した。

20日、映画「操作された都市」(監督:パク・グァンヒョン) 側は「本日(20日) 午後2時20分、公開12日目に観客数200万人の快挙を成し遂げた」と明かした。

「操作された都市」はわずか3分16秒で殺人者にでっち上げられた男が、ゲームメンバーと一緒に事件の実態を暴いて行き、スリル満点の反撃を繰り広げる犯罪アクション映画だ。

公開12日目に観客数200万人を突破した「操作された都市」のパク・グァンヒョン監督と出演俳優たちは観客に感謝の気持ちを込めた記念ショットを公開した。パク・グァンヒョン監督とチ・チャンウク、シム・ウンギョン、キム・ミンギョ、キム・ギチョンは観客数200万人突破を記念する風船を持って愉快な姿で挨拶をし、視線を奪った。

「操作された都市」は観客数800万人を動員した映画「トンマッコルへようこそ」のパク・グァンヒョン監督の新作で、爆発的な口コミと共に興行突風を巻き起こしている。