これワンカットなの!? 3分の映像でメイク・衣装・お店を4回も変えて、テーブルクロスも抜いちゃったり…割り勘アプリ「ペイモ」のCMにハマる人が続出中です

写真拡大


映画やミュージックビデオなどで目にする「ワンカット」。ひとつのシーンをカット割りせずに、ひとつながりで撮影する技法ですが、3分24秒の間、ほぼワンカットで撮影されたという割り勘アプリ「ペイモ」のブランドムービーが、いま話題を呼んでいます。

ひとりの女性をカメラがずっと追っていって、彼女が何度もテーブルクロス抜きをしたり(失敗ナシ!)、髪型や服装を次々に変えていったりと神業的。BGMの良さと相まって、ついつい何度も再生して見返しちゃいます。これは中毒性高いっ!

【女の子がどんどんと変身していく!】

ムービーは女の子が彼氏の頬にビンタをするところからスタート。その後すぐに、まずは1回めのテーブルクロス抜き。そして彼女は夜の街を歩いて、女友達同士の気軽な飲み会へ向かいます。この移動の途中でヘアメイクをチェンジ。

そしてお店について2回目のテーブルクロス抜きを披露し、お次は合コンが開催されている小洒落たレストランへ。その途中で、かけていたメガネを外し、カジュアルだった服とヘアをフェミニンなものにチェンジします。

こういった具合に、次々に女の子は場所を変え、ドレスアップし、さまざまな場でテーブルクロス抜きを披露していきます。

【見どころはココ!】

見どころのひとつは、女の子によるテーブルクロス抜き。ワンカット撮影のため失敗すれば最初から撮り直しとなるだけに、そのプレッシャーたるや大変なものに思えますが、テンポよく軽々と成功させているように見えるのがスゴい。

もうひとつはカメラが女の子にかなり寄っているものの、まったくぶつからずに撮影できているところ。カメラの動きもスムーズで臨場感たっぷりです。

【BGMもいい!】

そして動画のBGMも魅力的。「ソッコーいきます 第4出動」「このままいったら(やっちゃう?)オール」「たまにはリアルに『いいね!』って褒めてほしいし」など今どきな歌詞に合わせて、キャッチーなサウンドが流れます。「前髪アップと気持ちのアップ」の歌詞と動画が連動している演出もあって、こういう楽しさがついつい見入っちゃう理由かも。

【「中毒性がヤバイ」の声も】

YouTubeのコメント欄には、「広告スキップしようとしたら歌良すぎてとばせなかったw」、「女優さんかわいいしワンカットなのがすごい」、「こんなよく出来たCMなかなかない。映像にも音楽にも引けつけられるし、ちゃんと広告もできてる」や「中毒性がヤヴァイ」などの声が集まっています。

コメントにもあるようにCM動画ですが、オシャレで可愛くて、観るとなんだかテンションが上がります。ぜひ見てみてくださいね〜っ。

参照元:YouTube
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

この記事の動画を見る