ちょっと無理だな…男性に「連絡先を聞きにくい」と思われてしまう理由

写真拡大



合コンや飲み会などに参加しても、いつも誰からも連絡先を聞かれることなく終わってしまう女性。

そこには何かしらの原因があるはずですし、その原因を知っておくのはとても大事なことでしょう。

そこで今回は、男性に「連絡先を聞きにくい」と思われてしまう理由を紹介します。

■1.テンションが低くて「ノリが悪い」

「静かでおとなしくてノリがあまり良くない女性からは、連絡先を聞く勇気はありません。冷たく断られそうな気がするので、諦めちゃうことの方が多いですね」(27歳/男性/飲食)

あまり喋らなくておとなしい女性は、男性にはノリが悪いようにも見えてしまいます。「今日の合コンはつまんなかったみたいだな」と男性は感じてしまうので、そんな女性に連絡先など聞けないはず。ノリノリになる必要はないですが、適度に笑顔を見せたり、自分から話しかけたりくらいはしてあげないと、なかなか発展もしないですよ。

■2.厳しく「批判」をしてくる

「上から目線で偉そうに接してくる女性とは、連絡先交換をしようとは思わないですね。批判とかされると腹が立つだけだから、二度と会いたくもないです」(30歳/男性/営業)

男性に対して、厳しく批判したり注意したりする女性は、怖い印象になります。そうすると、連絡先を聞いても冷たくあしらわれてしまいそうで、聞き出す勇気も出なくなってしまうでしょう。ツッコミのような注意であればまだいいですが、上から目線で偉そうに批判すると、怒りを買ってしまう可能性もあるかも。

■3.「結婚したいアピール」が強すぎる

「合コンで会ったばかりなのに、いきなり結婚アピールとかされると、怖くてうかつに手なんか出せないです。連絡先なんか知りたいとも思わないかも」(32歳/男性/人事)

さすがにこれから仲を深めていこうという合コンで「結婚アピール」なんかされたら、男性陣もドン引きです。あまりにも必死すぎて、絶対に連絡先など交換したくないでしょう。婚活パーティーならわかりますが、合コンやただの飲み会で結婚を意識させてしまうのは、男性にはさすがに重いです。焦っているようにも見えてしまうので、余計に踏み込みたくなくなっちゃうかも。

■4.「どストライク」である

「本当にめちゃくちゃ可愛い女性には、緊張しちゃって連絡先とか聞けないです。聞きたいんだけど聞けなくて、家に帰ってひとりでヘコんじゃいますね…」(28歳/男性/IT)

男性は本当に自分のタイプの女性には、ドギマギしてしまいます。どストライクの女性が目の前にいたら、目を見ることすらできなくなってしまうという男性も少なくありません。このケースの場合は、連絡先を聞きたいのに聞けないという状態なので、モジモジしたりしているかも。そんな様子が見られたときは、「また飲みましょうよ」なんてあなたから言ってあげると、男性も連絡先を聞く勇気が出るかもしれませんよ。

■おわりに

連絡先を交換できなかったら、せっかくいい出会いがあっても、恋愛関係に発展できません。男性が声をかけにくい雰囲気を出してしまうと、出会いの場に行っても実りがありませんよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)