えっ、細かすぎる…私が衝撃を受けた男性のフェチ体験談

写真拡大



人それぞれ異性の好みはさまざまです。友人同士で彼のフェチや性癖を話し合えばいろんな種類のフェチがでてくることでしょう。今回はそんなかでも「そんなのもあるの?」と少し驚く男性のフェチを紹介。あなたの彼にもこんな隠れフェチあるかもしれませんよ。

■◆ 足の小指

「昔付き合っていた彼が足の小指フェチでした。どうするかというと、エッチの最中ずっと小指をなめているんです。くすぐったいから苦手だったけど、我慢していました」(27歳/メーカー)

足の指の中でも小指限定というのはまさにフェチの領域。「彼にそんな好みがあったのか!」と驚いてしまいますね。細かいところまで入念に見ている男性もいるもの。ペディキュアや足のお手入れを念入りにしたいところです。

■◆ 耳

「告白されて付き合った男子に、『耳の形がすごくタイプだった』と言われたことがあります。私の耳は大きめでちょっとツンとした形をしているんです。『そんなところまで見ているの!?』と衝撃でした」(24歳/サービス)

顔を見ていれば視界に入ってくるパーツではあるものの、まさかピンポイントで耳の形がタイプというのも驚くところです。普段は髪の毛に隠れることも多いだけに、“秘めたるパーツ感”がするのでしょうか…。しかしながら、意外と耳の後ろ側ってケアが行き届かない部分ですから、こちらも足と同様に隅々までケアしておくべきかも…?

■◆ ブーツ

「女の人のブーツが大好きという男性がいました。黒いロングブーツを履いてデートに行くともう大興奮でした」(26歳/メーカー)

「どこまで本当かわかりませんが、『女子のブーツを顔にあててすりすりするのが好き』と言っている人がいた。今思えば本当だったのかも…」(26歳/マスコミ)

女性の身体パーツだけでなく、持ち物に対してのフェチも存在します。下着などの直接肌に触れるものなら何となく好きな理由もわかりますが、ブーツって変わっていますね…。もし彼がブーツなら、服装も彼の好みにあわせれば喜んでくれていいですよね。『気持ち悪い』と思わずに、彼のフェチを見極めてうまく利用していきましょう。

■◆ ワキのムダ毛

「ワキのムダ毛を処理して、しばらくたった後のジョリジョリが好きという人がいた。全く理解できないけど、そういう好みもあるんだなと思った」(30歳/編集)

毎日必死で処理しているムダ毛も、男子からしたら至福の1本…。女子からは想像しにくいかもしれませんが、こんなフェチをもった人もいるようです。女子としては「そんなところ見られても恥ずかしいだけ」という気持ちかもしれませんが、そんな羞恥心が彼にとってはグッときているのかもしれませんね。

■おわりに

人の好みは様々です。大好きな彼の好みを知ってふたりの世界をもっともっと深めていってくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)