写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PHPデベロップメントチームは2月17日(米国時間)、「PHP 7.1.2 Released|PHP: Hypertext Preprocessor」において、PHP 7.1系の最新版となる「PHP 7.1.2」の公開を伝えた。前日には、「PHP 7.0.16 Released|PHP: Hypertext Preprocessor」において、PHP 7.0系の最新版となる「PHP 7.0.12」の公開も伝えられている。同チームはそれぞれのユーザに対して最新版へのアップグレードを推奨している。

最近、PHPのマイナーリリースは脆弱性の修正を目的としている、または、バグ修正とともに脆弱性も修正するといった目的で実施されることが多かったが、今回のリリースはバグの修正と機能の改善に限られており、セ脆弱性の修正を目的としたリリースになっていないという。

ただし、ほかのライブラリを利用する形でのビルドを実施して使っている場合は注意が必要。PHPには脆弱性が発表されていない場合でも、利用しているほかのライブラリに脆弱性が存在していれば、そちらの脆弱性を悪用される可能性がある。関連するソフトウェアも含めて常に最新版へアップグレードすることが望まれる。

(後藤大地)