【2017 J1チーム診断】飛躍の1年から継続の1年へ…上位の定位置化に挑む《大宮アルディージャ》

写真拡大

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は昨シーズン5位とクラブ史上最高位を記録した大宮アルディージャ編をお届けする。

◆定位置づくりの1年へ

▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグを5位で終え、クラブ史上最高位を記録した大宮アルディージャ。渋谷洋樹監督体制4年目を迎える今シーズンは過去の定位置に戻るのではなく、新たな定位置を作り上げることが求められる。川崎フロンターレにMF家長昭博、ガンバ大阪にMF泉澤仁と渋谷体制の主力選手が移籍したものの、FW大前元紀(清水エスパルス)、MF長谷川アーリアジャスール(湘南ベルマーレ)、MF茨田陽生(柏レイソル)と経験のある選手を獲得。チーム力をベースアップさせ、1ケタ順位でのフィニッシュを目指す。

◆2017シーズンの注目ポイント

▽今シーズンの大宮の注目ポイントは“戦力の融合”だ。大前、長谷川、茨田と3人の即戦力を獲得したが、退団した家長、泉澤の穴埋めという印象はない。よりコレクティブなサッカーを体現するため、そして昨シーズン悩んだ代えが利かない選手を埋めるべく確実に補強した印象だ。それだけに、J2に在籍した2015年以降積み上げてきたサッカーにどのように融合させるのか。新戦力がチームの力になった時、昨シーズンと同等の結果がついてくるはずだ。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:加藤順大

DF:奥井諒、菊地光将、河本裕之、大屋翼

MF:横谷繁、大山啓輔、茨田陽生、長谷川アーリアジャスール

FW:江坂任、大前元紀▽基本フォーメーションは大宮伝統の[4-4-2]。ディフェンスラインは安定の4名が今年も支えるはずだ。守護神はGK加藤順大、GK塩田仁史の2枚看板が控えており、どちらが1stポジションなのかは読めない。ボランチは今シーズンの最激戦区となりそうなところ。昨シーズン定着したMF横谷繁を軸にも考えられるが、後半戦で成長を遂げたMF大山啓輔、パスで散らせるMF茨田陽生を起用。横谷はより攻撃に比重の置ける右サイドに戻ると予想する。この3名にMF長谷川アーリアジャスール、FW大前元紀、MF江坂任が関わることで、流動的なポジションチェンジを行い「ボールを動かし、イニシアチブをとる」サッカーが可能となるだろう。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW大前元紀(日本)

1989年12月10日(27歳)

2016シーズン(J2):29試合18得点▽MF長谷川アーリアジャスール、MF茨田陽生、MF瀬川祐輔と補強した中で、最も期待が懸かるのはFW大前元紀だ。失点数に比べ得点数に問題を抱える大宮にとって、フィニッシャーの確保は急務だった。FWドラガン・ムルジャが輝きを取り戻せれば問題はないが、大前が加入したことで復活する可能性もある。ボックス内での仕上げを行い、さらには精度の高いプレースキックも持っている。大前が大宮の攻撃に変化をもたらせられるかに注目が集まる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF横谷繁(日本)

1987年5月3日(29歳)

2016シーズン(J1):31試合3得点▽MF江坂任も大きなカギを握る存在になるが、大宮の心臓とも言えるMF横谷繁をピックアップする。大宮では右サイドでのプレーがメインとなっていたが、昨シーズン途中からボランチに下がるとゲームメーカーとして機能。今シーズンはよりプレーの幅を持ったメンバーが揃ったことを考えても、横谷が昨シーズン以上に攻撃を司どることになるだろう。大前、江坂、ムルジャといった前線の選手を活かすプレー、後方からの飛び出しを生み出す動きとタスクは増えそうだが、横谷が機能すれば勝ち点3を掴む試合は増えるはずだ。