1話3分のウルトラマン作品 オーブスピンオフ4月から全8話放送決定

写真拡大

 ウルトラマンシリーズ『ウルトラマンオーブ』のスピンオフ作品となる完全新作の連続バトルストーリー『ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします!』の放送が決定しました。
 放送は、テレビ東京系で放送中の『ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE』の番組内にて、2017年4月15日(土)朝9:00〜の放送回でスタートします。

【関連:正月用にイイネ!ウルトラマンの木枡登場】

 本作は、3月11日(土)に全国ロードショーとなる『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』につづき1話約「3分間」・全8話でつづられる連続オリジナルストーリー。

 ウルトラマンオーブがウルトラセブンの息子・ウルトラマンゼロとともに新たなる“凶敵”に立ち向かうノンストップ特撮アクション作品となり、監督を務めるのは米国で人気ヒーロー・アクション作品の監督、製作総指揮を歴任し、国内ではウルトラマンシリーズほか、数々の人気特撮ヒーローシリーズを手掛ける坂本浩一氏。

 新たなる凶敵「亡霊魔道士 レイバトス」が登場するほか、ウルトラマンオーブの新たなる姿「ウルトラマンオーブ エメリウムスラッガー」や、「ウルトラマンオーブ ライトニングアタッカー」の活躍も初めて映像作品として描かれます。

【登場キャラクター概要(発表資料より一部抜粋)】
▼ウルトラマンオーブ エメリウムスラッガー
ウルトラマンオーブがウルトラセブンとウルトラマンゼロの「親子の力」を得て、「知勇双全、光となりて」フュージョンアップする姿。
・身長:50メートル
・体重:5万トン

▼亡霊魔道士 レイバトス
彷徨える怪獣の魂を操る亡霊魔導士。宇宙の支配を目論み、ウルトラ戦士たちを根絶やしにするため亡霊怪獣軍団を復活させる。
・身長:49メートル
・体重:4万トン

ウルトラマンオーブ エメリウムスラッガー

亡霊魔道士 レイバトス

(C)円谷プロ