日産のドライバー達が集結!

写真拡大

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は2月19日、日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)にて、2017年モータースポーツ活動計画発表会を開催。会場には大勢のモータースポーツファンが訪れた。

【写真を見る】2017年型のMOTUL AUTECH GT-R

今年のSUPER GT GT500クラスには、新型のNissan GT-R NISMO GT500を4台投入。NISMO、TEAM IMPUL、KONDO Racing、MOLAの4チームが、2017年のシリーズチャンピオン獲得に向けて戦う。

発表会冒頭、NISMOの片桐社長は「昨年はSUPER GT500クラスを、あと一歩のところで3連覇を逃して悔しい思いをした。今年は、昨年取り逃したシリーズチャンピオンを取り戻す!開幕戦を楽しみにしてほしい。ファンとスポンサーの皆様のご支援・ご声援に感謝を申し上げますし、今年の活動に期待して欲しい」と語った。

SUPER GTのGT500クラス以外では、カスタマーレーシングプログラムとして、SUPER GTの300クラス、スーパー耐久、ブランパンGTシリーズなどに参戦するプライベートチームのGT3仕様のGT-Rを支援。また年々激化するGT3クラスに対して、NISMO GT3 エボリューション車の開発にも着手する事が発表された。

その他、ルマンなどのWEC向けに、LMP1クラスやLMP3クラス用にエンジンを供給や、オーストラリアで人気のカテゴリーSUPERCARSチャンピオンシップに日産アルティマで参戦する事も併せて公表した。

発表会には、ドライバーや監督なども出席。田中総監督は「昨年は大変悔しい思いをした。今年のGT500は新しい車両レギュレーションとなりますが、過去日産勢は、新しいレギュレーションに変わった年は全て優勝してきた。今年は各チームとも、自分がとってやると思っています。今年1年間、このメンバーでファンの皆様にワクワクどきどきを提供していきたい」と抱負を語り、ドライバーの松田次生は「他メーカーもかなり力を入れてくる今年、日産系チームが力を併せてチャンピオン奪還に向けて頑張ります。宜しくお願いします」と意気込みを話した。

発表会終了後、ステージでは監督やドライバーによるトークショーや、ハイタッチなどが行われた他、会場では、レーシングカーの展示の他、メッセージボード、そしてグランツーリスモでレーシングドライバーとのバトル、そしてNISMO車両の試乗が行われ、大勢の方で賑わい、訪れたファンの満足した顔が印象的だった。

レース車両やメッセージボードなどの展示は、3月10日(金)まで行っているので、是非ショールームまで足を運んで頂きたい。

SUPER GTのGT500クラスチャンピオン奪還に燃えるNISMO陣営。さらに今年は、NISMOロードカーのさらなるラインアップの拡充や、イベントの開催をするとのこと。今シーズンもNISMOから目が離せそうにない!【ウォーカープラス編集部】