カナダ・マニトバ州の移民評議会の正面玄関(2017年2月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】カナダ南部マニトバ(Manitoba)州で先週末、米国から徒歩でひそかに国境を越えてきた移民少なくとも22人が難民申請していたことが分かった。同州エマーソン(Emerson)の地元当局が19日、明らかにした。

 地元自治体職員のグレッグ・ジャンセン(Greg Janzen)氏によると、22人は多くがアフリカ出身。18日夜から19日未明にかけて徒歩で国境を越え、カナダ側に入ったという。また、このほか8人が17日にカナダ入りしているという。

 エマーソンはマニトバ州最大の都市ウィニペグ(Winnipeg)から南に120キロ離れた町で、米ノースダコタ(North Dakota)州とミネソタ(Minnesota)州に接している。厳格な国境管理が行われておらず、検問所もほとんど設けられていないため、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が移民や難民の入国規制を打ち出して以後、米国から多くの難民申請者が殺到している。

 マニトバ州で難民申請する移民は急増しており、大半は米国で正式な滞在許可証を取得していなかった人々だ。地元当局によると、今年に入って既に99人が米国から国境を越えてカナダ入りした。この傾向にエマーソンの自治体関係者は懸念を強めており、国や州政府に対策にかかる費用や物資の支援を要請している。
【翻訳編集】AFPBB News