キム・ヒョナ、デビュー10周年ファンミーティングを成功裏に終了…後輩たちのサプライズ登場も!

写真拡大

歌手キム・ヒョナが、デビュー10周年ファンミーティングを成功裏に終えた。

キム・ヒョナは17日、ソウル麻浦(マポ) 区にある西江(ソガン) 大学のメリーホールにて、10周年記念ファンミーティング「Fantopia, HyunA Land」を開催し、200人余りのファンと会った。

お笑いタレントのキム・ギリがMCを務めたファンミーティングには、キム・ヒョナが作詞に参加し、直接スタイリングを担当した後輩ガールズグループCLCのメンバーとBTOB、PENTAGONのメンバーらがサプライズ登場した。

この日キム・ヒョナは「朝顔」をはじめ「U&Me♡」「どう?」「尻尾を振れ」「赤いです(Red)」「Bubble Pop」まで6曲のステージを披露し、ファンミーティングを終えた後はファンたちとハイタッチ会を行い、また次に会うことを約束した。

2007年にWonder Girlsとしてデビューしたキム・ヒョナは、その後4Minuteに合流し「Hot Issue」「名前は何ですか?」などを成功させ、ガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) を代表するガールズグループのメンバーとして活躍した。2010年にソロデビュー曲「Change」を発表し「Bubble Pop」「Ice Cream」「赤いです(Red)」に続いて、昨年の「どう?」まで多数のソロ曲をヒットさせ、セクシーソロ歌手として音楽界で安定した地位を構築した。

また、ソロアルバムのみならずTrouble Maker、PSYの世界的なメガヒット曲「江南スタイル」のMVにも出演するなど、コラボ作でも成功した。

キム・ヒョナは昨年「The Queen's Back」というタイトルで行った、アジア全域でのファンミーティングツアーを盛況裏に終え、今年は北米8都市を回るファンミーティングツアーでソロアーティストとしての魅力を余すところなく披露する予定だ。

キム・ヒョナは、今月22日からバンクーバーを皮切りに北米8都市で開かれるファンミーティングのため、今日(20日) 出国する。