「ハム、ソーセージ」のがんリスクは最大クラス?

写真拡大

目の前にある食べ物や飲み物は、はたして体にいいのか、悪いのか。ボストン在住の医師・大西睦子先生がハーバード大学での研究や欧米の最新論文などの根拠に基づき“食の神話”を大検証します。

「加工肉を毎日50g食べると、大腸がんのリスクが18%増す」という衝撃的なニュースが2015年10月、世界中を駆け巡りました。加工肉とはハム、ベーコン、ソーセージなどのこと。50gはベーコンなら約2枚、大きなホットドッグに入ったソーセージなら1本程度。このニュースの発信源は、WHO傘下の「国際がん研究機関(IARC)」がフランスのリヨンで開催した会議です。世界10カ国から22人の科学者が集まり、これまでの約800の研究論文から、加工肉などの消費量と発がん性を総合的に評価しました。

その結果、発がん性があるかどうかについて科学的根拠の強さにより5つのグループに分けたなかで、加工肉は最も根拠が強い「グループ1、発がん性がある」と判定。大腸がんに対する影響だけでなく胃がんとの関連も示唆しました。同じグループ1に分類されているのはタバコ、アルコール、紫外線やアスベストなど。加工肉は、これらと同等のリスクがあるというわけです。

ちなみに牛肉、豚肉、羊肉といった赤身肉についても、毎日100g食べると大腸がんのリスクが17%増すとしており、膵臓がんや前立腺がんとの関係も指摘されています。一方、「世界の疾病による負担プロジェクト」の最新報告では、全世界の死亡者数のうち、加工肉を多く摂取する食生活が要因となった人は年間3万4000人、赤身肉では推定5万人であるのに対し、タバコによるがんのために死亡する人は100万人、アルコールは60万人、大気汚染は20万人としています。

つまり加工肉による死亡リスクは、タバコやアルコールに比べずっと低いわけです。ふだん健康な生活を送っているなら、弁当の彩りに入れたり、たまに酒のつまみにするといった程度なら、気にせず楽しんでいいのではないでしょうか。

赤身肉についても食べすぎなければ、むしろ健康にいい食品。質のよいタンパク質、ビタミンB群、鉄および亜鉛などの重要な微量栄養素が含まれていますので、上手に食事に取り入れたいものです。

----------

大西睦子
内科医師・医学博士。東京女子医科大卒業。国立がんセンター、東京大学を経て、2007年から13年まで、米国ハーバード大学リサーチフェローとして、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度受賞。著書に『健康でいたければ「それ」は食べるな』『カロリーゼロにだまされるな』など。

----------

(内科医師・医学博士 大西 睦子 小澤啓司=構成)