「やろうぜ管カラ!」

ヤマハ株式会社は、iPhone / iPad向けのアプリ「やろうぜ管カラ!」をリリースし、App Storeでの配信を開始した。ゲーム感覚で管弦楽器の演奏を楽しめる採点アプリケーション。同社が運営するWebサイト「ヤマハミュージックデータショップ」にて、対応する楽曲データの販売も、2017年3月15日(水)からスタートする。アプリケーション本体は無料で、プリセット(3曲)以外の楽曲は有料。同社は、独自の楽器演奏評価技術「virtana」を活用したiPadアプリ「やろうぜ管カラ!Lite」を2016年5月にリリースしている。今回の「やろうぜ管カラ!」は、Lite版の機能をさらに進化させ、新たにiPhoneにも対応した。対応する楽器で伴奏に合わせて演奏するだけで、リアルタイムに分析 / 評価が行われ、演奏結果に応じたアドバイスや点数の表示が可能。プレイバック機能が追加されたことで、自分の演奏を振り返って確認する使い方もできるようになっている。本アプリを支える「virtana」技術は、楽器ごとの奏法の特徴に合わせて評価を行い、音程だけでなくタイミングや演奏技法まで分析が可能だ。まるでカラオケの採点機能のように、楽しく楽器演奏を練習できることが特徴。「本番モード」のほかに、メトロノーム機能やキー / テンポの変更機能、特定部分のみの繰り返し機能などを備える「練習モード」も用意されている。ヤマハ株式会社
URL:https://www.yamaha.com/ja/
URL:https://yamahamusicdata.jp/
2017/02/20