イギリスの人気俳優トム・ヒドルストン (c)Imagecollect.

写真拡大

36歳のイギリス人俳優のトム・ヒドルストンが、35歳のイギリス人俳優エディ・レッドメインと学生時代に共演したことがあると明かした。

トムはマーベル・コミックの映画『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で知られているほか、今年1月に行われたゴールデングローブ賞でテレビシリーズ「ナイト・マネージャー」の演技が評価されて男優賞を受賞。またエディは映画『博士と彼女のセオリー』(14)でアカデミー賞主演男優賞を受賞している。

そんなイギリスを代表する俳優のトムとエディはなんと学生時代に舞台「インドへの道」で共演していたとのこと。トムは現地時間17日にトーク番組「The Graham Norton Show」に出演し、エディについて、「彼は当時も素晴らしい才能だった」「全員男の子の学校で、素晴らしいエディ・レッドメイン、今やオスカー受賞者のレディ・レッドメインは主演女性を演じていたんだ。『インドへの道』で、像でマラバー洞窟という文化的なランドマークまで旅するところがあるんだけど、僕がレディ・レッドメインが乗っていた像の右前脚を演じたって喜んで明かすよ」と語った。さらに「僕たちはクッションが上に乗っているテーブルを持って、テーブルクロスで顔が隠されていたんだ。僕たちの体は像だからね」と話している。