「美しさ」を追求し続けるアストンマーティンの企業哲学

写真拡大

英国を代表するスーパー・スポーツカーであり、いまや、唯一残された英国生粋の自動車メーカーでもあるアストンマーティン。映画『007』のボンドカーとしての知名度の高さは、語るまでもない。

1913年に創業し、レーシングカーを生産していたが、戦後まもなく中興の祖であるデイビッド・ブラウン氏の手に渡ると、独自の哲学に則った妥協ないクルマ作りで定評を得た。だが、創業から103年間での累計生産台数はわずか8万台。近年、現代的なクルマ作りにアップデートされて年産7,500台を数えるとはいえ、希少であること極まりない。
 
3年前に100周年を迎えたことを機に、次世代のアストンマーティンへと向かう第一歩となる「DB11」が発表された。時を同じくして、CEOに就任したアンディ・パーマー氏にインタビューがかなった。

「企業哲学をひと言で言えば、”Love of Beauty”です。”Love”を端的に表す日本語がないのですが、あえて訳せば『心の奥底から湧く何か』であり、情熱や愛に近いでしょう。アストンマーティンの真骨頂は”Beautiful”であること。『速さ』、『スタイリング』、『インテリア』といったそれぞれの分野における”美しさ”を追求し、最新技術や生産ラインにすら美しさが宿るブランドです」
 
パーマー氏が日本語に詳しいのは、前職で日産で副社長兼チーフ・プランニング・オフィサーとして辣腕を振るった経歴の持ち主だからだ。日本のモノ作りを取り入れる方針も打ち出している。

「細部に気を配ってモノを作り、それを評価する顧客がいて、その期待にまた応えるといった日本流の品質管理とモノ作りを、アストンマーティンの歴史を紡ぐために活かしたいと考えています」
 
今後、クロスオーバーの「DBX」やEVの「DBE」と展開を広げる計画だが、「”ハンドルのないアストンマーティン”は決して作りません」とパーマー氏は宣言する。現実からのエスケープとして、最善の美しさを提供する―そんな自動車メーカーでありたいからこそ、技術が進んでもあえて自らの手で操ることを重視するのだ。

アンディ・パーマー◎アストンマーティン社長兼CEO生産技術・修士号を修め、経営博士号を取得。37年にわたって自動車分野でつとめた経験を持ち、日産自動車にてチーフ・プランニング・オフィサーを含む重責を歴任。2014年より、現職。

アストンマーティンの新型車AM-RB 001は150台のみ生産され、その価格は約3億円。チーフ・クリエイティブ・オフィサー兼デザイン・ディレクターのマレック・ライヒマンにその真価を聞く。

アストンマーティンのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーであるマレック・ライヒマンの後方に佇むクルマは、アストンマーティンが披露する新型車「AM-RB 001」。レッドブル・レーシングとのパートナーシップにより製作され、生産台数はわずか150台。

日本で披露された2016年10月の段階ですでに600名の顧客が購入を希望しているという。価格は日本円にして約3億円。公道を走ることができるようにデザインされている。

「このクルマは、アストンマーティンの5年後、10年後の礎となる、素晴らしい未来を象徴するものです。2014年に現CEOのアンディ・パーマーがアストンマーティンに入社してから、われわれは未来へのビジョンを従来よりも強烈に描くことができるようになりました。AM-RB 001はその未来を具現化するひとつです」とライヒマンは語る。

 

ドライバーが座るキャビン下部には空間が空いているが、ここは空気の通り道。これほどまでにレーシングカーのディテールをそのまま備えたロードカーにはなかなかお目にかかれるものではない。アストンマーティンのコンセプトカーをはじめとする数々のクルマをデザインしてきたライヒマンすら、このクルマのデザインに携われたことを”夢のような体験だった”と話す。

「エイドリアン・ニューウェイが考える完璧なエアロダイナミクスを実現した、美しい究極のロードカーが、この”AM-RB 001”です。アストンマーティン初のミッドシップエンジン。低速で公道も安全に、快適に走ることができる。このような自動車の歴史に残る画期的なモデルの開発に携わることができ、とても嬉しく思っています。しかし、これはすべての始まりに過ぎないことも申し上げておきたいと思います」

「AM-RB 001」の納車予定は2018年。街を走るハイパーカーと出会える日を心待ちにしたい。