イ・ヒョヌ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」スチールカット公開…“天才作曲家のオーラ”

写真拡大

tvN新月火ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に出演するイ・ヒョヌが、“現場の独裁者”モードを発動し、関心を集めている。コンサートのリハーサル現場で几帳面にステージをチェックしているイ・ヒョヌの姿が公開された。

「内省的なボス」の後番組として、韓国で3月から放送スタートするtvN新月火ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(脚本:キム・ギョンミン、演出:キム・ジンミン、制作:BON FACTORY) は、正体を隠した天才作曲家カン・ハンギョル(イ・ヒョヌ) と彼に一目惚れしたビタミンのような声を持つ女子高生ユン・ソリム(Red Velvet ジョイ) の爽やかな恋愛模様を描く。「結婚契約」「甘い人生」「犬とオオカミの時間」などの演出を手がけたキム・ジンミン監督の2017年新作で期待が高まっている。

目つきから天才作曲家のオーラを放つイ・ヒョヌの姿が公開された。彼は全ての感覚を聴覚に集中させ、真剣にステージを見つめている。鋭く輝く目は彼が音楽に集中していることを表す。そして腕組みをしてステージを見つめるイ・ヒョヌの固く閉ざされた口は何か気に入らないところがあるような雰囲気で、緊張感を与える。

これはCRUDE PLAYのライブのリハーサルをチェックしている“作曲家兼プロデューサー”イ・ヒョヌの姿で、自身の音楽に厳しい彼の性格がそのまま感じられる。続いて公開された画像の中でイ・ヒョヌは、レコーディングスタジオで丁寧にプロデュースをしているが、表情から手の動きまで詳細な演技を見せている。彼の“正体を隠した天才作曲家”への変身に期待が高まっている。

制作陣も「イ・ヒョヌの新しい魅力に胸をときめかせるだろう。台詞一つ、身振り一つまで細かく気を遣っている。熱心に準備しているので楽しみにしてほしい」と伝えた。