ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、グループ会社であるソニー・ミュージックコミュニケーションズが運営する「ソニー・ミュージックスタジオ」において、アナログレコード製造用マスターのラッカー盤カッティングマシンを導入し、アナログレコード用カッティングマスターの制作を開始することを発表しました。

↑導入されたカッティングマシン

 

アナログレコードの生産を行う場合、はじめにレコードを大量生産するための原盤であるラッカー盤を制作する必要があります。レコーディングした音源の音量・音質などを調整し、出来上がったマスター音源をレコードの「溝」に変換する際には、高度なカッティング技術が必要。同社では、デジタル音源での音質・音圧の調整に長けた現役のマスタリング・エンジニアがカッティング技術を習得し、CDや配信音源などの制作で培ったデジタル技術と融合させることによって、より進化したアナログ音源の制作とカッティングを目指すとのことです。

↑カッティングの様子(写真はレコード盤製造の東洋化成 末広工場のカッティングマシン)

 

また、カッティング専用ブースをレコーディングスタジオと同フロアに設置したことで、スタジオでの演奏をその場でミックスし、そのままラッカー盤にカッティングしマスター制作を行うダイレクトカッティングにも対応します。

↑カッティングレース(溝を刻む機械)

 

海外を中心に国内でもブームとなりつつあるアナログレコードの生産設備を整えることで、CDや音楽配信サービスに加え、アナログオーディオでもいち早く音源を発信することを目指したソニーの取り組み。アナログレコードファンにはうれしいニュースとなりそうです。

↑ソニーのアナログレコードプレーヤー「PS-HX500」