写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本政府観光局(JNTO)は2月15日、2017年1月の「訪日外客数(推計値)」を発表した。

2017年1月の訪日外客数は、前年同月比24.0%増の229万5,700人となり、1月として過去最高に。また、単月としては2016年7月(229万6,451人)に次ぐ、過去2番目の記録となった。

2017年は、旧正月休暇が1月末から始まったため、中華圏の国や地域を中心に訪日旅行者数が増加。また、航空路線の新規就航や増便、クルーズ船寄港数の増加に加え、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションなどが訪日旅行者数の増加を後押ししたよう。

国・地域別にみると、韓国(62万5,400人)と豪州(6万1,100人)が単月として過去最高に。また、韓国・ロシア・豪州を除いた国・地域では1月として過去最高を記録した。特にマレーシア(伸率73.9%)やインドネシア(同63.8%)が高くなった。

2月の市場について同局は、「本年の場合、多くの市場で旧正月休暇が終わっているため、訪日旅行者数の伸びの勢いは緩やかになると考えられる。昨今、ウィンタースポーツや雪遊びなどを目的とした訪日や、クルーズ需要も増えており、訪日旅行プロモーションの効果と相まって、訪日需要を下支えするものと期待される」としている。

(CHIGAKO)