カフェの代表メニュー、「アイスチョコレートドリンク」と「ソフトクリーム ショコラ」

写真拡大

スイス生まれのプレミアムチョコレートブランド、「Lindt」(リンツ)の関西初の路面店となる「リンツ ショコラ カフェ 京都四条通り店」が、3月3日(金)に京都・四条にオープンする。

【写真を見る】リンツ自慢のチョコレートが詰まった「オープン記念 リンツ スペシャルテイスティングバッグ」

1845年創業のリンツは、世界120か国以上で親しまれているブランド。日本では、2010年6月に1号店となる銀座店が開店。以来、リンツ ショコラ カフェ、リンツ ショコラ ブティック、リンツ ショコラ カフェのアウトレット店といった21店舗を展開する。

今回の店舗は、関西でのフラッグシップ的な存在で、1階フロアのチョコレートショップに加え、 ショコラスイーツが味わえるカフェ(10席)を併設した店舗となる。

チョコレートショップでは看板商品のリンドール20種以上の中から、好きなフレーバーを量り売りで購入できる「ピック&ミックス」のコーナーが設けられる。そのほか、ショーケースには、直営店限定のトリュフ8種、 ショコラティエならではのチョコレートの風味を贅沢に楽しめるデリース(マカロン)12種が並ぶなど、豪華なラインアップとなっている。

カフェでは、芳醇なカカオの香りが堪能できるチョコレートドリンクや、ソフトクリーム ショコラをメインに季節限定のドリンクやデザートが楽しめる。

オープン時には、 チョコレートショップで「オープン記念 リンツ スペシャルテイスティングバッグ」(3240円※限定100個)を販売するほか、カフェにも京都の春にマッチする「リンツ ホワイトチョコレートサクラアイスドリンク」と、 季節のマカロン「デリース サクラ」が登場する。

昨年も海外の人気チョコブランドが続々進出し、にぎわいを見せる京都から、チョコ好きはますます目が離せない!【関西ウォーカー編集部】