チョンウ&カン・ハヌル出演「再審」公開5日目で観客100万人突破!“口コミの威力”

写真拡大

映画「再審」(監督:キム・テユン) が公開5日目の19日午後8時30分、観客100万人を突破した。

「再審」側は「映画振興委員会の統合ネットワークによると、午後8時30分に100万人を突破し、興行収入1位をキープしている」と明かした。

これと共に口コミが広まり、韓国を代表するシネマコンプレックス CGV、ロッテシネマ、MEGA BOXで圧倒的なレビュー数を記録している。

観客の声援に応え「再審」の主役チョンウ、カン・ハヌル、イ・ドンフィ、パク・ドゥシク、キム・ヨンソおよび監督キム・テユンは観客100万人突破に感謝の気持ちを込め、1枚の写真を公開した。

舞台挨拶の様子を撮影した観客100万人突破記念写真からは俳優らの嬉しい気持ちが伝わってくる。それだけでなく、写真の中のハートパネルに書かれた「真心は世界を動かす」というキャッチコピーからは映画が伝える真心とメッセージを感じることができる。