SUPER JUNIOR シンドン「覆面歌王」で涙“デビューアルバムにはパートがなかった”

写真拡大

SUPER JUNIORのシンドンが「覆面歌王」のステージで涙を浮かべた。

19日に韓国で放送されたMBC「僕らの日曜の夜−覆面歌王」では、あんぱん王子に挑戦する8人の覆面歌手たちの予選が開かれた。

同日、第1ラウンド1組目では江南(カンナム) ツバメとオレンジ族が対決した。ULALA SESSIONの「美しい夜」を歌い、情熱的でノリノリのステージを届けた江南ツバメが次のラウンドに進出し、オレンジ族はソロ曲を歌って正体を公開した。JKキム・ドンウクの「愚かな愛」を歌ったオレンジ族は、甘い歌声を披露し審査団は耳を傾けた。

オレンジ族の正体はSUPER JUNIORのシンドンだった。除隊後、ステージに戻ってきたシンドンは「覆面歌王」でファンに挨拶した。シンドンは歌を歌いながら仮面を外す際に涙を浮かべた。

シンドンは「早く楽しく話がしたかったのに、後ろで仮面を外して歌を歌い始めたら急に涙が出そうになった」とし、「待ち遠しく、懐かしかったステージだった」と打ち明けた。

他にもシンドンはデビューアルバムでは自身のパートが一切なかったとし、ステージでマイクを付ける必要もなかったと当時を振り返った。

シンドンは「そのせいで少し泣きそうになった」とし「僕が歌っている姿を見てみなさんが声援を送り、喜んでいると感じられて涙が込み上がってきた」と打ち明けた。

シンドンは「実は僕が誰かより歌が上手だったり、そんなものは重要ではなかったと思う。僕もどこでも歌える“歌手”なんだという、歌える喜びを改めて感じた大事な時間だった。本当に嬉しい」と胸一杯の感情を隠せなかった。