写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ピザハットは2月20日、アクアビットスパイラルズが提供する次世代型IoT販促ツール「スマートプレート」を、同日からピザハット奏の杜フォルテ津田沼店で導入を開始すると発表した。

ピザハットは2月20日、アクアビットスパイラルズが提供する次世代型IoT販促ツール「スマートプレート」を、同日からピザハット奏の杜フォルテ津田沼店で導入を開始すると発表した。

ピザハット奏の杜フォルテ津田沼店は、宅配ピザメニューに加え、イートインに特化した食事メニューやカフェメニューを拡充させたピザハットの次世代型店舗。

「スマートプレート」は非接触型ICタグを内蔵したプレート状のデバイスで、バッテリーを必要とせず、NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)に対応したスマートフォンをかざすだけで、WEBページやスマートフォンアプリなどに遷移させられるIoT販促ツール。

今回のサービスは、自宅の冷蔵庫などに手軽に貼れるピザハットオリジナルの「マグネット型スマートプレート」を配布したり、店頭のポスターやPOPにも「スマートプレート」を組み込み、スマートフォンをかざすだけでお得な情報やクーポンを入手できるというもの。

ピザハットでは「スマートプレート」を、店舗情報を広く告知するアイテムの一つとして考え、家庭にとどまらず、貸会議スペースや宿泊施設、アミューズメント施設やスポーツ施設など、場所にとらわれず店舗と顧客との接触機会を増やせる新たなツールとして活用していくという。