ASTRO、スペシャルアルバム「Winter Dream」ハイライトメドレー映像を公開…タイトル曲は「捕まえるべきだった」

写真拡大

ボーイズグループASTROがスペシャルアルバム「Winter Dream」のハイライトメドレー映像を公開した。

所属事務所のファンタジオ(Fantagio) は20日、公式YouTubeとSNSを通じてスペシャルアルバム「Winter Dream」の全曲試聴が収録されたハイライトメドレー映像を公開した。

公開された映像には、タイトル曲「捕まえるべきだった」を含む収録曲全3曲のハイライトが収められている。各15秒の短い音源だが、ASTROのメンバーたちの爽やかな歌声が聴く人の耳を捉え、ニューアルバムへの期待を高めている。

今回の映像で公開されたタイトル曲「捕まえるべきだった」は、これまでのASTROが見せてくれた“清涼アイドル”のイメージとは違った成長を予告している。

「捕まえるべきだった」は、別れた恋人との思い出を回想する気持ちを感性的な歌詞で表現した曲で、別れた恋人を捕まえるべきだったという別れの歌詞と温かなピアノの旋律、ミディアムテンポのトレンディなバンドサウンドが際立つ。ここにASTROならではの清涼感あふれるボーカルがそのまま滲み出ており、今後公開される曲に対する好奇心を刺激する。

タイトル曲「捕まえるべきだった」の他にも、冬に降る雪を綿菓子に例え愛する恋人を喜ばせるという内容の「Cotton Candy」、ASTROのメンバーが作詞に参加しファンクラブ“AROHA”に向けた感謝の気持ちのメッセージを込めたファンソング「You&Me」など、計3つのトラックを事前に垣間見ることができる。

特に今回のアルバムは、ASTROのデビュー1周年の前日に公開される。ASTROが直接作詞したファンソング「You&Me」の収録は、ファンにより深い意味を与えるだろう。

ASTROの今回のスペシャルアルバムは、四季プロジェクトを完成させる冬のスペシャルアルバムだ。今月22日に公開を控えており、放送活動は行わないという。

ASTRO、スペシャルアルバム「Winter Dream」予告イメージ第2弾を公開“暖かい雰囲気”