ホンダ、「NC750X」に新色を追加設定して2月17日に発売

写真拡大

 ホンダは、直列2気筒750ccエンジンを搭載し、大容量のラゲッジ収納やタイプ設定したホンダ独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」を採用した「NC750X」に、新色を追加設定して2月17日に発売した。

 NC750Xに都会的なスタイリングを際立たせる新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加設定した。継続色のマットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック3色を加え、全4色の車体色とした。

<NC750X DCT<ABS>
 NC750Xはローダウン仕様のType LD、ETC車載器・グリップヒーターを標準装備したEパッケージをタイプ設定するなど、幅広い要望に応えられるモデルとなっている。
NC750X の年間国内販売販売計画台数は、1,100台、希望小売価格(消費税込み)は、NC750X、NC750X Type LD 743,040円、NC750X<ABS>、NC750X Type LD<ABS> 793,800円、NC750X DCT<ABS>、NC750X Type LD DCT<ABS> 859,680円、NC750X DCT<ABS>Eパッケージ、NC750X Type LD DCT<ABS>Eパッケージ 924,480円。

【ギャラリー】Honda NC750X (4枚)


■ホンダ 公式サイト