『アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!』(著・NHKスペシャル取材班、文藝春秋)

写真拡大

すでに花粉の飛散がはじまり、くしゃみや鼻詰まり、目のかゆみといった症状に襲われる人が増えてきた。日本気象協会発表(2月14日現在)のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測によれば、飛散ピークは福岡が2月下旬〜3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋・東京は3月上旬〜中旬にかけて。金沢・仙台は3月中旬〜下旬の見込み。またスギ花粉のピークが終わると、各地でヒノキ花粉がピークを迎えるという。いずれにしても早めの対策がカギとなるようだ。そこで今回は、花粉症のセルフケアや最新治療などについて詳しく知ることができる3冊をご紹介。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

「Tレグ」――世界中が注目して熱をあげる研究最前線

20世紀後半から、先進国で爆発的に増加したアレルギー「花粉症」。日本では国民の4人に1人が花粉症を、赤ちゃんの10人に1人が食物アレルギーを発症。「一度発症した花粉症は治らない」、「アレルギーになりたくないなら、アレルゲンをとにかく排除する」など、さまざまな情報が錯綜している。そこで治療のカギを握る存在として今、注目されるのが、日本人研究者が発見した新たな免疫細胞「Tレグ」。この細胞の働きが分かったことで、アレルギー発症メカニズムの解明が進み、完治を目指す根治療法の研究が世界中で始まっている。

『アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!』(著・NHKスペシャル取材班、文藝春秋、1404円)では、世界中の最新研究を丹念に取材し、アレルギーの予防と完治に向けた実践的な情報を公開している。

期待の治療法「舌下免疫療法(SLIT)」についてわかりやすく解説

都市部の20、30代に限れば、3人に1人は花粉症の症状に悩んでいるといわれている。またアメリカでは「ブタクサ花粉症」、ヨーロッパでは「イネ科花粉症」、そして日本の「スギ花粉症」など世界のあらゆる地域で花粉症に悩む人が増加しているとも。

本書『スギ花粉症は舌下免疫療法(SLIT)でよくなる! まったく新しいアレルギーの根本治療』(著・永倉仁史、現代書林、1296円)では、「花粉症が起こる仕組み、症状」、「花粉症になりやすい人、なりにくい人」、「花粉症で使われる薬剤と副作用」、「花粉症の手術療法」、「花粉症対策〜セルフケア」のほか、新しい治療法「舌下免疫療法(SLIT)」といった今すぐはじめられる花粉症対策について詳しく解説している。

あらゆる症状に効果が期待できるという究極の健康法

病気や不調、体の痛みは誰もが避けて通りたいもの。そんな思いに応えるために考えられた健康法がタオル1枚で簡単にできる「すごい熱刺激」。この方法を実践すると、アトピー性皮膚炎、高血圧、動脈硬化、視力低下、肩こり、不眠、冷え性、慢性疲労、花粉症など、さまざまな痛みや不調、病気などの症状が改善したことが確認されているという。

医学博士で人体力学・井本整体を設立する井本邦昭氏の著書『たった5分で体が変わる すごい熱刺激』(著・井本邦昭、サンマーク出版、1404円)では、すぐに実践できる方法を伝授してくれる。

「なぜ、あなたは病気や痛みに悩まされ続けるのか」、「すごい熱刺激が体によく効くしくみ」、「熱刺激の効果が高まるやり方のコツ」、「病気や不調が『勝手に治る体』とは」、「弱った体を強くするすごい熱刺激」の全5章。