リ・ジョンチョル容疑者(マレーシア警察提供)

写真拡大

金正男氏殺害事件の容疑者としてマレーシア警察当局に逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者が、犯行を否認していると現地メディアが報じている。だが、逮捕時や捜査の状況を巡っては食い違う報道もあり、情報は錯そうしている。

マレーシアの華語紙、中国報は19日、リ容疑者が警察での取り調べで「あの日は空港に行ってすらいない」「あの女(容疑者)は知らない」などと容疑を否認していると報じた。リ容疑者は、当初非常に落ち着いていたが、取り調べの録画が始まると容疑を否認し始めたという。

警察当局は、リ容疑者が過去数年間に接触した人物、通話および出入国の履歴、仕事や家庭の状態などについて調査しているが、事件に関わったことを立証するものは依然として発見できていない。

一方、地元メディア中には、4容疑者が使用していた車のナンバープレートから所有者のリ容疑者が判明。運転手としても事件に関与していたと報じたものもある。

また、マレーシアの東方日報は、信頼できる情報筋の話として、リ容疑者は逮捕時に非常に冷静で一切抵抗しなかった、警察が来るのを予想していたようだと伝えた。ただ、これには食い違う証言もある。韓国の国民日報はリ容疑者の住居周辺での現地取材を踏まえたレポートで、警察による摘発時、同容疑者と家族が30分にわたり頑強に抵抗したと伝えている。