2月18日、新宿ピカデリーにて映画『一週間フレンズ。』初日舞台挨拶が行われ、W主演を務めた川口春奈さん、山粼賢人さんや松尾太陽さんらが登壇しました。


『一週間フレンズ。』は、シリーズ累計170万部を突破した葉月抹茶さんによる同名コミックの映画化です。

1週間しか記憶が持たない香織(川口さん)と祐樹(山粼さん)の恋模様を描いており、1000万人が泣いた、今世紀いちばん泣ける純愛(ピュアラブ)ストーリーとして知られています。

初めて出演作品で泣いたという川口さんは、試写を観たときのことを振り返り、「隣に事務所の社長がいて、2人とも泣いちゃって。いつもは客観的に見られなくて反省だと思うんですけど、すごく胸を張って皆さんに早く観てもらいたいと思いました」と、感無量の表情。

山粼さんは、演じた長谷という役について、「とにかくまっすぐで、どこでも全力でやるっていうのを考えながらやっていました。全力のほうが、観ている人も共感してもらえるかなって思って。格好悪くてもまっすぐぶつかっていくように頑張りました」と、全身全霊で演じた役への愛着を示します。

2人はお互いへの想いを言葉にし、「現場ではいろいろありがとう。ユーモアたっぷりの春奈ちゃん、最高」と山粼さんが言えば……。

川口さんは、「あなたの長谷くんに、いっぱい助けられました。ありがとう。人としても役者としてもまっすぐで、全力で、嘘のない賢人さんが大好きです。ありがとう」と伝えると、握手をした後、山粼さんは小声で「うれしい」とつぶやいていました。

Noshでは、山粼さん演じる長谷の親友・桐生を演じた松尾さんのインタビューを行い、映画の裏話をたっぷり聞いてまいりましたので、映画とあわせてチェックしてみてくださいね♡

『一週間フレンズ。』は全国公開中です。










【画像】

※ (c)Nosh

【関連記事】

※ こじはるがお手本。大人のガーリースタイルはこう着こなす」

※ 「既読がつかなくて…」木村拓哉の連絡をスルーし続けたある人物とは?

※ お手本は長澤まさみ!濡れヘア&赤リップで春フェロ顔の完成

※ 未来的な機能に驚愕!トヨタの新型「プリウス PHV」発表会に石原さとみが登場

※ 山粼賢人との感動エピソード披露の松尾太陽「この状況、泣くよ!」