写真提供:マイナビニュース

写真拡大

1月スタートの冬の連続ドラマが折り返し地点を迎え、ここまでの平均視聴率トップは、6話平均で14.1%をマークした木村拓哉主演の『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系、毎週日曜21:00〜)となった。

『A LIFE』は初回で14.2%を記録してトップのスタート。その後第4話で12.3%まで下降したが、19日放送の第6話で自己最高の15.3%まで巻き返し、高い水準を維持している。

2位は、吉高由里子主演の『東京タラレバ娘』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)。初回で13.8%を記録して以降、第5話まで11%台をキープし、現時点での平均は12.0%となっている。

今クールは、昨年末に解散した元SMAPの木村と草なぎ剛の主演作が放送されていることでも注目を集めているが、草なぎ主演の『嘘の戦争』(関西テレビ制作・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)は6話平均11.3%。同作は初回視聴率が4位だったが、『スーパーサラリーマン左江内氏』(堤真一主演 日本テレビ系、毎週土曜21:00〜)を抜いて、3位に浮上した。

初回視聴率と、ここまでの平均視聴率で順位が変動したのは、『嘘の戦争』と『左江内氏』が入れ替わった以外では無く、そのまま推移している。

なお、13日放送の第4話でフジテレビ看板枠の"月9"史上最低視聴率6.6%を記録した『突然ですが、明日結婚します』(毎週月曜21:00〜)は、対象12作品中10位。同局制作のドラマは『嫌われる勇気』(毎週木曜22:00〜)と『大貧乏』(毎週日曜21:00〜)を含め、初回と同様にテレビ東京系の人気シリーズ『三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜』(毎週金曜20:00〜)を下回り、ワースト3を占める状況となっている。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。