キャサリン妃は英国アカデミー賞にウィリアム王子と共に参加した/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ウィリアム王子と共に、現地時間2月12日に開催された英国アカデミー賞の授賞式に出席したキャサリン妃。

【写真を見る】まさかのキャサリン妃もボトックス!?/写真:SPLASH/アフロ

オーダーメイドの黒字に花柄のアレキサンダー・マックイーンのドレスを着てウィリアム王子と共にレッドカーペットを歩いたが、オフショルダーのデザインが激ヤセぶりを強調する一方で、艶やかに輝くふっくらした顔が話題になり、ボトックス疑惑が浮上するという憂き目にあってしまった。

それについて、キャサリン妃やグウィネス・パルトロウらセレブをクライアントに持つデボラ・ミッチェルは英テレビ番組「ディス・モーニング」に出演。

彼女は「チョコレートにパームオイルや脂肪酸、モイスチャライザーを混ぜたものを顔に塗ると、1週間は顔の潤いを保てるんです」「クレオパトラ風呂は、エジプトの女王が愛用していたもので、バスタブにポリッジ・オーツやミルクをいれて入るお風呂で、美肌に効果的です」などといった美肌法を、実践を交えながら紹介。

他にもアボカドやバナナなど台所にあるものを使った美肌法を紹介し、間接的ではあるが、キャリン妃のボトックス疑惑を否定している。【NY在住/JUNKO】