写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マイクロソフトとヘッドウォータースは2月17日、小売や飲食、サービス業など実店舗型でビジネスを展開する事業者向けに、AI機能とロボット技術を活用することで顧客におもてなしサービスを展開できる「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」の提供を開始した。販売は、ヘッドウォータースを通じて行っていく。

同サービスは、Microsoft AzureのAI機能「Cognitive Services」とヘッドウォータースが提供するクラウド ロボティクス サービス「SynApps」の技術を統合させたソリューションパッケージ。

ロボットによる顧客の顔認識や、自然言語での会話による挨拶と接客が可能なほか、収集された膨大な顧客データの分析やインサイト抽出を行い、最適な顧客サービスの提供や従業員の生産性向上を支援する。

初期費用は不要、月額3万円(税抜)からのサブスクリプション型のサービス形態として提供する。

同社によると現在、小売や飲食、サービス業などでは、既存顧客維持や顧客単価の向上など、ビジネスの成長に直結する顧客への「おもてなし」が重要視されているという。昨今ではAIやロボットを活用し、これらの課題を解決する取り組みとしての実証実験も増加している。

しかし多くの企業は、ロボット型デバイスへの初期費用以上にシステム開発に対して数百万単位以上の多額な投資が必要になるということもあり、本格的な導入への検討が難しいという課題がある。

そこで、日本マイクロソフトとヘッドウォータースは、互いの技術を統合することでシステム開発に必要な初期費用を不要にし、月額費用のみで実現できるサービスを開発。今後、さらなるビジネス開発と新規顧客案件開拓を進め、2020年までに200社へのサービス導入を目指す。

(小松原綾)