指原莉乃

写真拡大

MC東野幸治、メインコメンテーター松本人志で送る新感覚バラエティ「ワイドナショー」(フジテレビ系)。2月19日(日)は、ゲストコメンテーターに指原莉乃(HKT48)、山里亮太(南海キャンディーズ)、古市憲寿(社会学者)を迎え放送された。

テリー伊藤が清水富美加の告白本に疑問!

この日の話題は「清水富美加出家問題」を始め、「金正男氏マレーシアで暗殺」、「ASKA、福岡で執行猶予期間中のテレビ生出演」、「芸能人なりすまし詐欺」、など。

中でも、指原莉乃(HKT48)は年齢も近く自身との共演経験がある清水富美加の「幸福の科学」出家騒動に対し、「頭がいいというか、立ち振る舞いも上手だった。空気が読めて、女優さんなのにバラエティもスゴく上手にやっている人だなという印象です」とコメント。

さらに、継続中の仕事があるにも関わらず簡単に事務所を辞めることについて振られると、

「この件に関して無責任だという人が多くいるのを感じるが、私はそう思っていなくて、辞めるのってスゴく難しいと思うんです。芸能界を。

事務所がどうこうではなく、もし私が太田プロに“辞めたいんです”と言ったとしても、いやいやいや、ちょっと待って考えて考えてって。

いや死にたいから辞めたいです。と言っても、他にも仕事があるし、特に女優さんだったら作品の公開もあるし、引き伸ばしにされると思うから絶対辞められないと思うんです。簡単に。

だからもし本当に死にたい、今すぐ逃げたいとなった時に、こういう判断をすることは仕方ないのかなと私は思いました」

と、慎重に言葉を選びながら答えた。

さらに東野から「だから強引に辞めるしか方法がなかった」との問いに、「スゴくわかります。こうするしかなかったんだろうなと。でも本を出したのはまだ早いなと。本を出すまでそう思っていました」。

すると松本から「ましてや指原ほど年間3億ももらってない訳だから」とチャチャが入り、「本当にマジで、本当に本当に本当に余計な話をしないでください、嘘ですよそれ、嘘。嘘に決まっているじゃないですか」と、最後はスタジオ中を爆笑で締めくくった。

次回は2月26日(日)放送。