「CG×アニメ」の最先端を創造する『ポリゴン・ピクチュアズ 挑戦の軌跡』

2017年2月26日(日)に、東京藝術大学 横浜校地 馬車道校舎にて、東京藝術大学大学院映像研究科による公開講座「OPEN INNOVATION」が開催される。“「CG×アニメ」の最先端を創造する『ポリゴン・ピクチュアズ 挑戦の軌跡』”と題し、映像集団「ポリゴン・ピクチュアズ」のクリエイティブに焦点を当てて、最新技術と創作感性の関係を考察する講座。入場無料で参加でき、当日は13:00から整理券が配布される(先着80名)。東京藝術大学大学院映像研究科と横浜市文化観光局は、連携 / 協力しながら映像文化都市づくりを推進し、その一環として地域貢献事業に取り組んでいる。今回の公開講座は、そのような取り組みの1つだ。「ポリゴン・ピクチュアズ」は人気コミック「亜人」のアニメ化にあたり、劇場3部作とTVシリーズを製作した。今回の公開講座では、まず講演に先立ち、劇場版3部作・第1部「亜人 -衝動-」を会場で上映する。作品の鑑賞後に、「ポリゴン・ピクチュアズ」の塩田周三代表とCGディレクター片塰満則氏が登壇。約25年にわたるヒストリーと最新技術が語られ、映像表現としてのアニメーションがいかに確立されて進化を遂げてきたかが紹介される。公開講座の開場時間は13:30。第1部としての上映は14:00より開始され、第2部としての講演は16:00からスタートとする(18:20終了予定)。■期間:
2017年2月26日(日)

■開催場所:
東京藝術大学 横浜校地 馬車道校舎
神奈川県横浜市中区本町4-44

■問い合わせ先:
東京藝術大学大学院映像研究科 / 横浜市文化観光局
tel. 045-227-6041(開催前)/ 050-5525-2669(開催当日)
url. http://animation.geidai.ac.jp/open2016/