SNSは自己表現をするうえで大切なツール。しかし一歩間違えれば、誰かを傷つき、周囲に誤解を与えかねません。

最近はSNSを通して仕事をしている方も多くなってきていますが、このまま突っ走ってしまう前に、もう一度、基本に立ち返ってみませんか?

そこで今回は、SNSで男にドン引きされる女性の行動5つをご紹介いたします。

胸を強調する写真を載せる

夏に限らず、胸を強調するような写真を載せる人は意外と多い!

プロフィール欄をみると「サロンモデルと会社員を両立しています」と書いてあったり……。

完全にモデルさんとして生計を立てているならまだしも、あくまでも一会社員の場合、そこまで胸を強調するような写真を載せる必要はありません。

おそらく本人は、男性が見ると分かっていて載せているのでしょう。当然、そういった写真を載せればイイね!も増えて拡散に繋がる可能性があります。

拡散されれば自分の知名度も上がり、可能性が広がるかもしれません。しかし、周囲の男性はそんなあなたをどちらかといえば「イタい」と思っているでしょう。

胸が見える写真を載せても、そこで喜んでいる男性は、所詮その程度にしかすぎません。

いつまでも自己満足なタイムラインを作っていかないように、気をつけて!

自撮り写真が多い

胸が見える・見えないに関係なく、日々自撮り写真を載せる人もいますが、こちらも同じく男性ウケはしないでしょう。モデルさんやタレントさんならともかく、一般人があまりにも自撮りの写真を載せると、周囲はあなたを不思議に思うでしょう。

どうしても載せたいなら、せめて頻度を考え、タイムラインがすべてあなたの顔で埋まらないように意識してみては?

自撮り写真だけではなく、たまには友人と一緒に写っている写真やキレイな景色の写真を載せることで、インスタグラムのような写真要素の強いSNSに関しては、バランスがよくなり、周囲からも評価されやすくなるはずです。

男友達が多いことを自慢している

彼氏はいないけど、なぜか男友達が多いことをさりげなく自慢する人はいませんか?しかも恋愛経験が乏しい女性や出会いの少ない女性からしてみれば、うらやましい限り……。

彼氏ができないけど男友達が多いことをアピールするのは別に問題ではありませんが、本人はさりげなくアピールしているつもりでも、賢い男性ほど、あなたの意図を見抜いているでしょう。

恋人募集中なら、たとえ男友達に恵まれた環境であっても一切写真は載せないこと。

載せるとしても頻度を考えながら更新しないと、男性からだけではなく女性からも嫉妬されて、面倒くさいことに!

ひたすらネガティブな話題

SNSでどんなことを表現しようとも個人の自由。

しかし連日のように「あ〜疲れた」「生きるって大変」「面倒くさい」とネガティブな言葉ばかり連発していても、男性陣からの評価は下がる一方でしょう。何事もすべてアクティブに(前向きに)過ごす必要はありませんが、やはり明確な目標や夢をもち、そこに向かってがんばっている女性の姿が一番素敵ですよね。

SNSのタイムラインが愚痴や弱音ばかりのような人を「彼女にしたい」と思う男性は、なかなかいらっしゃらないでしょう。SNS上でも男ウケを目指しているなら、今までの積み重ねで生まれてしまっている暗いイメージを今すぐとり払って!

セクシーショットは大事な人だけに。SNSに載せてもいいこと、ないですよ。

自分ではリア充アピールしているつもりでも、知らない間に男性からどん引きされていたらショックですよね。せっかく時間をかけて更新するなら、男ウケも密かに狙いつつ、自分らしさを最大限に表現しましょう!