女性の管理職が半数以上、メディカ出版を支える「柔軟な仕組み」

写真拡大

15年前から女性活躍推進に取り組んできたメディカ出版。結婚・出産・夫の転勤などライフステージの変化を受け入れつつ、すべての女性が活躍し続けることができる仕組みとは?

大阪に本社のあるメディカ出版は、ナース・助産師向け17誌、ドクター向け6誌など、専門領域別の雑誌に特化して成功した出版社だ。

いまでは雑誌、教科書、書籍などの紙媒体にとどまらず、ニンテンドーDSで心電図や解剖生理学、症候診断などを学ぶ「トレーニングDSシリーズ」や、看護基礎教育教科書「ナーシング・グラフィカ」全41巻と動画教材、問題集、医学辞書を収載したデジタル教科書アプリ「デジタルナーシング・グラフィカ」を刊行。後者に至っては400校以上が採用という実績を誇り、医療・看護教材の業界にイノベーションを起こした企業である。

その立役者が、社長の長谷川素美率いる、大勢の輝く女性社員たちだ。

2001年、2代目社長に就任した長谷川は、女性活躍推進に本格的に取り組み始めた。現在では20名が参加する経営会議の6割が女性。医療出版業界では珍しく、女性が編集局長を担う。結婚したから、出産したからという理由で、退職する社員はいない。

「医療従事者たちとの折衝に求められる対人コミュニケーションと、編集作業で必要な緻密さという仕事内容が、そもそも女性の特性に合っているとは思います」と長谷川は認める。だからといって、女性が役職者としても活躍できるとは限らない。女性の管理職が半数以上を占めるのはなぜか。答えはシンプルだ。「チャンスを与えたから」。

長谷川の口癖は「能力を出し惜しみしないで!やれるはずよ」。性別に関係なく、常に機会を平等に提示し、オープンで公平な評価を下してきた。男性は難しい仕事にチャレンジし、昇進することが、すなわち成功だと知っているから、仕事の幅を広げることを厭わない。

しかし、女性はそう簡単ではなかった。そこで長谷川は、女性に対して仕事での成功を着実に積み重ねて自信を持たせるように取り計らった。「気構えが整えば、必ず花開く」─そんな長谷川の気持ちに応えるように、自信をつけた女性たちはいつしか要職に名を連ねるまでに成長した。

a
毎日15時に、「メディカ社員の皆さん」というアナウンスで始まるラジオ体操。
大阪本社勤務の社員全165名がワンフロアで体を動かす。左端が長谷川素美社長。

一方で、経営者・社員双方の思いがあるだけでは続かないという現実も存在する。仕事を続けることや役職が上がっていくことに対しての抵抗感がなく、女性たちがイキイキと活躍しているにもかかわらず、配偶者の転勤に伴って退職するというケースも珍しくない。メディカ出版も例に漏れず、優秀な女性社員たちをやむなく見送るという遺憾な時代があった。

その悔しさは遂に、広告部門しかなかった東京オフィスに編集部門を新設するに至る。夫の転勤が理由で東京異動となった社員第1号は、4年後に東京オフィス長に就任。ほかにも大阪・東京間の異動を繰り返しながらキャリアを積み重ねている女性社員も少なくないという。20名の陣容にまで拡大した東京オフィスは、キャリア構築の重要拠点でもあるのだ。

「企業運営でいちばん大事なのは、間違いなく人材です。みんなが活躍し続けてくれれば、会社としては確実に120%の成果を出せる。私だけが頑張ったところで、高が知れています。ひとりでは何もできませんからね」

そういう長谷川の眼差しは、母親のようだった。

メディカ出版◎大阪に本社を構える学術専門出版社。看護・医療分野に特化し、書籍・専門誌・デジタルコンテンツ・教科書などを提供している。ラマーズ法啓蒙セミナーの展開から事業を開始し、現在は重要な学術書も多数発行。2017年に創業40周年を迎える。

※フォーブス ジャパンは昨年12月19日、日本最大規模の女性アワード「JAPAN WOMEN AWARD 2016」を発表。”働きやすさ”ではなく”真の女性活躍”の促進・発信を目指す同アワードで、メディカ出版は真に女性が活躍している企業として、企業部門総合ランキングの従業員規模300名未満の部、グランプリを受賞した。