面接を待つ学生たち。大卒の内定率は近年上昇している。(時事通信フォト=写真)

写真拡大

3月1日、企業の新卒採用の広報が解禁になり、今年も学生の就職活動が始まる。はたして今年はどんな動向になるだろうか。

2017年卒の新卒採用を振り返ると、「早期化」「多様化」「積極化」の特徴が見られた。近年、企業は採用意欲を高めており、大卒の内定率は12月1日時点で85.0%と、過去10年の最高を記録。新卒の学生を取り合い、簡単に人材を確保しにくくなっている。こうした状況から、学生に早く出会わないと自社について知ってもらえないという不安が企業に広がり、会社説明会の開催、エントリーシートの受け付け、水面下による面談や選考、内定を出すタイミングなど、前年より前倒しのスケジュールで動く企業が増えた。経団連の調査によれば、3月に会社説明会解禁、6月に面接解禁のスケジュールが守られなかったと感じる企業は約9割近くで、ルールが形骸化している状況だ。早くから存在を認識してもらおうと、インターンシップに注力する企業も増え、実施企業は延べ1万社を超えている。

多様化も進んだ。最近の採用ツールは、就職サイト、合同企業説明会が主だったが、学生と企業が出会うきっかけとなるツールが誕生したり、復活したりしている。たとえば03年の個人情報保護法の施行以降、大学が情報を開示しないため衰退していったOB訪問は、SNSの普及により改めて利用されるようになった。また、かつては理系学生、体育会系学生へのアプローチとして使われていたリクルーターも、近年、総合商社が活用しだし、いわゆる文系職種の採用まで拡大している。これらのツールにより、新卒採用の広報解禁前から学生と企業が出会えるというメリットもある。そして「早期化」「多様化」の流れを受けて、採用に関わる社員や予算を増やす「積極化」も目につくようになった。

現在の景気予測や各社の採用予定人数の調査から見ると、有効求人倍率が下がる可能性は低い。そうなると18年卒の新卒採用は、今までの特徴が継続し、さらに強化されるはずだ。

■就職に余裕を感じ、大手・安定志向へ

企業が採用に対して危機感を強めていく中、学生はといえば、バブル期に採用された世代を髣髴させる傾向が見られる。

大きな特徴のひとつは、内定を取ることに対する余裕感である。特に優秀でない先輩が大手企業から内定をもらったり、「就活は超余裕だった」といった話を聞いたりすることで、「それならば自分も大丈夫だろう」と考えてしまう。これは有効求人倍率が高まっている際に顕著な現象だ。

また、大手企業が求人数と採用予算を増やし、求人プロモーションを強化するようになると、より多くの学生が大手企業の情報を得る機会が増える。そのため、大手企業への憧れを持ちやすくなり、大手・安定志向が強まっていく。

このように就職環境がよくなるほど、学生の行動量は減少し、会社や仕事への理解不足が進行する。採用ツールの多様化によって、従来の「たくさん集めて、たくさん落とす」から、マッチングを重視した採用活動に移行しつつあるのに、学生が「就職」ではなく、狭い視野の「就社」志向であっては、早期離職問題も改善されまい。

ある大手企業の人事は次のように語った。

「確かに今は採用されやすいし、働きやすい世の中になりつつある。それでも学生は『なんて楽なんだ!』と短絡的に喜ばないほうがいいでしょう。同じような状況でバブル期に入社した先輩には、会社に貢献できない“残念”な人材が多い。その二の舞いにならないか、心配しています」

ただし、一部の学生は早く活動したほうが就職活動は有利であることを理解しており、今後、「動く・動かない」の二極化が進むものと思われる。後者の学生は売り手市場の恩恵を甘受するだけでなく、まずは自分の人生を最終的にどうしたいのか、考えておくべきだ。そして他人との比較で満足するのではなく、自分が納得できる就職活動をしてほしいものである。

(谷出正直=文 時事通信フォト=写真)