「エリートでも結婚できないアラフォーこじらせ男」の苦しい言い訳3つ。だからだろッ!

写真拡大

<ミフルのGATC(Gocon And The City) vol.56>

 アナタのまわりには、そこそこエリートで見た目も悪くなく、いわゆる好条件なのになぜか独身のアラフォー男性はいませんか?

 きっと何人かは思い当たるのではないでしょうか?

 合コン2,500回参加で恋活・婚活の電子書籍『GoconAndTheCity(合コン・アンド・ザ・シティ)』を刊行した筆者のまわりにもいます。

 むしろ、結構います。そんな男性たちに“なぜ結婚していないのか?”に対する苦しい言い訳をヒアリングしましたので紹介します。ちなみに皆々様、結婚願望は人並みにある方々です。

◆1. 告白したことがない。受け身過ぎるタイプ

「もう10年くらい彼女がいない。出会いも少ないけど、たまの合コンとかで“ちょっとイイな”って子がいても、だいたい誰かとかぶるので譲っちゃう。友達と取り合いとかしたくないし……。積極的に口説く勇気もない。」(39歳/公務員)

 今まで女性に告白したコトがないとのコトですが、10年前の彼女はどういう始まりだったのでしょうか?

「職場の同期で、飲み会で飲んで酔っ払った勢いで、男女の関係になってしまってなんとなく付き合う感じに……。続かなかったけど。」

 公務員なので、合コンや婚活パーティとかでも需要はあるので、参加するようにはしているらしいのですが、自分から行けないし相手から来られるコトもないので進展がないという。

「今年の目標は、結婚とまでは言わないけど女性に積極的になるコトです。」

 頑張って落としたい! と思うほど、相手を好きになったコトがないのでは!? と聞いたところ、「そんな事はない」とのコトでした。理解に苦しみます……! 本来肉食が多いといわれる昭和男なのに、受け身過ぎる人もいるんですね。

◆2. 女性に虚像を抱いているタイプ

「たまに彼女はできるんだけど、女性に対して許せないポイントがいくつかあって、それを全部クリアできる子がなかなかいなくて続かない。」(40歳/広告代理店)

 例えばどんなポイントでしょうか?

「可愛いにこしたコトはないんだけど、顔よりも“女らしさ”が大事です。クシャミが大きかったり、手で抑えなかったり、オナラや鼻毛・鼻クソなんて論外。一気に冷めちゃいますね。」

 えっ……鼻毛・鼻クソはともかく、クシャミやオナラは生理現象だし、仕方ないじゃないですか。

「それでも我慢したり、隠れてするコトはできるでしょ? 男ならいいけど女は許せないですね〜。最低限の女らしさは持ってて欲しいです。」

“女性はかくあるべし”という虚像がしっかりとあるようですが、その基準が厳しい限り結婚は難しそうですね……。

◆3. 過去のモテた栄光を引きずっているタイプ

「好きなタイプは20代で身長170cm以上のモデル体型で、猫系の顔。有名人に例えると“西内まりや”かな。今までも付き合ってた子はCA、モデル、アナウンサーが多いです。最近出会う機会は減ってきちゃってるけど。」(42歳/経営者)

 ポッチャリしてるけど、色黒でハッキリした顔なので、痩せていた昔は大層イケメンで、きっとモテたのでしょう。でも今は?

「昔の彼女たちは皆結婚しちゃったし、後輩がたまに開いてくれるCAやモデル合コンでも、昔ほどモテなくなったね〜。アラフォーの幸薄そうなOLとかからはモテたりしますが、俺が無理だし……。」

 幸薄そうって……! まぁでも人の好みはそれぞれですからね。モテていた過去の栄光を引きずり、現実と向き合えていない気もします。(筆者も人のことは言えないけど)

「最近は30代でもセーフかなと考え直しています。若い子って“お金目当て”っぽい子もいるからさすがに萎える。でもモデル系は譲れない!」

 1度モデルにダマされて痛い目にあってしまえばいいのに!(心の声)

 結婚できないアラフォーこじらせ独身男の言い訳は、いずれも苦しい内容が多いですね。

 なかなか年齢と共に譲れないコトや、築き上げてきたプライドも邪魔している気もしますが、結婚を本当にしたいと思うのなら、考え直した方が良さそうです。

 彼氏や狙っている男性がアラフォーの場合は、上記のような“こじらせタイプ”だったら厄介かもしれません!?

<TEXT/ミフル>