写真提供:マイナビニュース

写真拡大

"日本一豪華なネタ番組"をコンセプトに掲げるフジテレビ系バラエティ特番『ENGEIグランドスラム』の第7弾が、25日(19:00〜23:10)に前回同様4時間超にわたって放送。木村祐一、南海キャンディーズ、エレ片らが初出演する。

お笑いコンビ・ナインティナインと女優の松岡茉優のMCで、人気芸人たちが続々と登場する同番組。ナイナイとは同局系『めちゃ×2イケてるッ!』の「笑わず嫌い王決定戦」以来、十数年ぶりの共演だという木村祐一は、街で見かけた思わずツッコミたくなる写真を次々に披露していく。

昨年の『M-1グランプリ』を準決勝で敗退し、敗者復活戦は仕事で欠場のためにテレビでネタが披露できなかった南海キャンディーズは、山里の最期をしずちゃんが看取るネタで登場。エレキコミックとラーメンズの片桐仁によるユニット・エレ片は、同窓会のコントを繰り広げるが、片桐が地上波でコントを披露するのは、15年ぶりだという。

他にも、銀シャリをトップバッターに、博多華丸・大吉、中川家、バカリズム、オードリー、千鳥、ロバート、チュートリアル、銀シャリ、ナイツ、吉本新喜劇、東京03、オリエンタルラジオ、麒麟、ジャルジャル、CONTS、アンガールズ、ハライチ、TKO、バイきんぐ、和牛、品川庄司、テンダラー、レイザーラモン、タイムマシーン3号、ジャングルポケット、COWCOW(順不同)ほかが出演。和牛とタイムマシーン3号も初出演となる。

19日に同局湾岸スタジオで行われた収録で、ナインティナインの2人は「全員面白かった」と、口をそろえて絶賛していた。