2015年シーズンにマレーシア勢として初めてAFCカップで優勝したジョホール・ダルル・タクジム(JDT)(写真提供:Johor Darul Ta’zim FC)

写真拡大

 2020年の先進国入りを目指す長期計画「ビジョン2020」のもと、経済規模を拡大させてきたマレーシア。1人当たりのGDPは1万米ドルを超えており、ASEAN諸国の中ではシンガポールとブルネイに次ぐ豊かさを誇っている。しかし、堅調な成長を続けてきた経済とは裏腹に、サッカー界においては長らく停滞傾向にある。

 1972年のミュンヘン五輪に出場するなど、かつてはアジアにおけるサッカー強国の1つに数えられたが、近年のワールドカップ・アジア予選では、小国同士が争う1次予選を突破するのがやっとという状態で、東南アジア王者を決める昨年末のスズキカップでも屈辱のグループステージ敗退となった。

 そんな停滞の続くマレーシアサッカー界にあって、近年目覚ましい躍進を遂げているクラブが「ジョホール・ダルル・タクジム(JDT)」だ。

 2014年から国内1部リーグ「マレーシア・スーパーリーグ(MSL)」で3連覇中なのに加えて、2015年にはAFCチャンピオンズリ-グ(ACL)の出場権を持たない国や地域の代表クラブによって争われるAFCカップでマレーシア勢初の優勝を飾った。いまやマレーシアを代表する強豪クラブとなったJDTだが、その実質的な歴史が始まったのは、わずか4年前に過ぎない。

◆ジョホール州王族皇太子による札束戦略

 JDTの前身である「ジョホールFA」は、1991年に1部リーグで優勝するなど90年代初めまでは強豪チームの一角を占めていたが、その後は2部との昇降格を繰り返すエレベーターチームになっていた。そんな弱小チームに転機が訪れたのは2012年2月、ジョーホール州の王族トゥンク・イスマイル皇太子がジョーホール州サッカー協会の会長に就任したことだった。

 イスマイル皇太子は会長に就任するとすぐにジョホールサッカーの大改革に乗り出した。

 当時ジョホール州内には、ジョホールFAのほかにプロやアマチュアを含めた複数のチームが活動していたが、これらをすべて統一して、新たに「ジョホール・ダルル・タクジム・フットボールクラブ」を結成することを発表。さらに大物外国人選手の獲得に乗り出し、2013年にリーガ・エスパニョールで得点王に輝いたこともある元スペイン代表FWダニ・グイサを、さらに翌年には元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールを獲得して、国内外のサッカーファンを驚かせた。

 金満オーナーの札束攻勢で大物選手を獲得するのは、サッカー界では度々見かける光景だが、JDTの選手獲得は長期的な戦略に基づいたものだと、同クラブのスポーツディレクターであるアリスター・エドワーズ氏は説明する。

「グイサやアイマールといったビッグネームの獲得は、『ジョホールのサッカーが変わった』というインパクトを世間に与えるために必要なステップでした。ただ、それはあくまでも最初のステップ。現在はピッチ上での結果でインパクトを与えることができるので、大金を支払って有名選手を連れてくる必要はなくなっています」

 エドワーズ氏の発言を裏付けるように、JDTに現在所属する外国人選手の中で世界的に名前が知られた選手はいないが、2016年シーズンの得点ランキングで1位、2位を独占したアルゼンチン人FWホルヘ・ペレイラ・メンデス、フアン・マルティン・ルセロなどの実力者が揃っており、コストパフォーマンスに優れた的確な選手獲得といえる。

◆ワールドクラスのインフラを整備

 現在JDTが推し進めている計画の中で目を引くのが、大規模なクラブのインフラ整備だ。2016年初頭にはトップチームの練習の拠点となるトレーニング施設がオープン。フルコートサイズの人工芝ピッチを備えた屋根付きの全天候型練習場を中心に、天然芝ピッチ2面や最新鋭のトレーニング施設やプール、アイスバスを備えたジムなど、ヨーロッパのトップクラブと比較しても引けを取らない豪華さで、視察に訪れたJリーグクラブのスタッフも感嘆の声を上げたという。